演劇

マイ・ロマンティック・ヒストリー

~カレの事情とカノジョの都合~

東宝

シアタークリエ(東京都)

2013/08/16 (金) ~ 2013/08/26 (月) 公演終了

休演日:8/21

上演時間:

かつて、ここまでリアルな台詞、感情移入できるキャラクターを描いた翻訳劇があったでしょうか?
スコットランド・グラスゴーで書かれたものとは思えない、日本人も思い当たるところの多い30代の不器用な恋愛模様。
運命の相手を探し求める、ある男女のすれ違いと葛藤、そして微かな希望・・・本作は、男と女...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/08/16 (金) ~ 2013/08/26 (月)
劇場 シアタークリエ
出演 池内博之、中越典子、加藤忍、土屋裕一、春風ひとみ
脚本 D.C.ジャクソン
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 8,500円 ~ 8,500円
【発売日】2013/06/15
全席指定8,500円
サイト

http://www.tohostage.com/myroma/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 かつて、ここまでリアルな台詞、感情移入できるキャラクターを描いた翻訳劇があったでしょうか?
スコットランド・グラスゴーで書かれたものとは思えない、日本人も思い当たるところの多い30代の不器用な恋愛模様。
運命の相手を探し求める、ある男女のすれ違いと葛藤、そして微かな希望・・・本作は、男と女それぞれの赤裸々な本音で綴られる“アンチ・ロマンティック”なコメディです。
作者のD.C.ジャクソンは何と1980年生まれ。現代の新鮮な感覚が全編に溢れています。

日本を代表する演出家・ 栗山民也が温めてきたこの戯曲。その特筆すべき点は、「ホンネ」と「タテマエ」が混在して繰り広げられる会話です。登場する恋人達は、心に秘めた不安や欲求から駆け引きを繰り返し、互いの距離を縮められません。これは、まさに現代の日本人が陥っているオタク化・晩婚化などのコミュニケーション不全状態とも符合する、21世紀型の対人問題。
普段の会話で口には出せない、あけすけで、残酷で、打算的な「ホンネ」が、絶妙のタイミングで会話に挿入されます。

「あるある」感が満載の会話で笑ううちに、徐々に物語に絡め捕られてくことでしょう。冷や汗を流すかもしれません。なぜなら、本作のドラマはあまりにリアルで、感情移入し過ぎてしまうからです。
そして、やがて気付きます。「これは、私自身の物語だ!」と。
最後には誰かが寄り添ってくれる大切さが心に沁み渡ります。

圧倒的多数の登場人物を圧倒的少数(5人)で演じ、息もつかせぬ会話の応酬を繰り広げるのも本作の魅力。世界有数の芸術祭として知られる「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」にて「フリンジ・ファースト・アワード(最優秀賞)」を受賞するなど、世界中で多大なる評価を得ている、この夏一番の注目作です!
その他注意事項
スタッフ 翻訳:小田島恒志
美術:伊藤雅子
照明:高見和義
音響:井上正弘
衣裳:前田文子
ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:田中麻衣子
舞台監督:荒 智司
プロデューサー:服部優希

宣伝写真:熊谷仁男・宮坂浩見
宣伝衣裳:屋島裕樹

[情報提供] 2013/05/18 09:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/08/26 09:50 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大