演劇

サマーフェスティバル2013 ザ・プロデューサー・シリーズ池辺晋一郎がひらく

俳優とオーケストラのための作品

ストッパード×プレヴィン 良い子にご褒美

0 お気に入りチラシにする

演劇

サマーフェスティバル2013 ザ・プロデューサー・シリーズ池辺晋一郎がひらく

ストッパード×プレヴィン 良い子にご褒美

俳優とオーケストラのための作品

演劇企画JOKO

サントリーホール 大ホール(東京都)

2013/09/10 (火) ~ 2013/09/10 (火) 公演終了

上演時間:

「俳優とオーケストラのための」この作品は、1974年にアンドレ・プレヴィンがトム・ストッパードに「君の書く戯曲作品にもし交響楽団が必要なら私のところにひとつある」と言ったことから生まれたものである。
1970年代のソ連を材にとったトム・ストッパードの皮肉とユーモアにみちた意欲作のテーマは、こ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/10 (火) ~ 2013/09/10 (火)
劇場 サントリーホール 大ホール
出演 牛山茂、鳥畑洋人、堀川恭司(劇団ひまわり)、北川勝博、服部幸子、三輪学
脚本 トム・ストッパード
演出 村田元史
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2013/05/14
S席5000円/A席3500円/B席2500円/C席1500円
学生席1000円
※学生席はサントリーホールチケットセンター窓口のみ取り扱い。購入時に学生証提示、御一人様、1枚限り。
サイト

http://suntorysummer.com/0910

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月10日(火)19:00開演
説明 「俳優とオーケストラのための」この作品は、1974年にアンドレ・プレヴィンがトム・ストッパードに「君の書く戯曲作品にもし交響楽団が必要なら私のところにひとつある」と言ったことから生まれたものである。
1970年代のソ連を材にとったトム・ストッパードの皮肉とユーモアにみちた意欲作のテーマは、この問いにある。
【自由を手に入れるためには真実を曲げるのもいたしかたないことか?】
その他注意事項 就学前のお子様の同伴・入場は御遠慮ください。
出演者・演目は予告なしに変更になる場合があります。
スタッフ 音楽:アンドレ・プレヴィン  指揮:飯森範親
舞台監督:黒木辰男  照明:森脇清治 音響:藤平美保子 衣裳:萩野緑 制作:演劇企画JOKO

[情報提供] 2013/05/15 14:12 by 劇団昴

[最終更新] 2013/09/11 09:25 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大