SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」(静岡県)

2013/06/15 (土) ~ 2013/06/16 (日) 公演終了

上演時間:

いま東京の演劇シーンで注目を集める「中野成樹+フランケンズ」。
韓国の演劇人・ミュージシャンとのコラボレーションが新境地を生んだ!
本作は、アジアの各都市から若手のアーティストが集まって共同制作を行う「アジア舞台芸術祭」の企画において、3年の月日をかけて創作され、同芸術祭での上演で大きな注...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/15 (土) ~ 2013/06/16 (日)
劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
出演 チェ・ナラ(ソウル市劇団)、村上聡一(中野成樹+フランケンズ)、石橋志保(中野成樹+フランケンズ)、キム・ソンヒョ(コムンゴ独奏、ソウル市国楽管弦楽団)
脚本 中野成樹
演出 中野成樹
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
一般大人:2,000円/大学生・専門学校生・高校生以下1,000円
サイト

http://www.spac.or.jp/f13waiting.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 いま東京の演劇シーンで注目を集める「中野成樹+フランケンズ」。
韓国の演劇人・ミュージシャンとのコラボレーションが新境地を生んだ!
本作は、アジアの各都市から若手のアーティストが集まって共同制作を行う「アジア舞台芸術祭」の企画において、3年の月日をかけて創作され、同芸術祭での上演で大きな注目を浴びた。テーマはずばり「待つこと」。翻訳劇を得意とする演出家らしくベケットの『ゴドー待ち』に着想を得て、自ら脚本を書き起こした。男と女のちぐはぐな会話の果てに「待ち続けた何か」はやってくるのか。気軽に楽しめて、その世界は意外と深い。韓国の女優や音楽家とのコラボレーションが切り拓かせた、中野成樹の新たな境地!


待つものなど何もない筈の僕たちは、それでも何かを待ち続けている・・・。
わかりあえない時代に捧げる、言語も国境も超えた新しい「愛」。
「通じない」ということは、こんなにも滑稽なのか?「言葉の壁を楽しく扱いたい。」中野成樹のスタート地点はそこだったという。そしてすぐに気付く、「壁は言葉だけじゃない」。性別、年齢、世代、そもそも「生理的に嫌!」等々・・・。どうせ壁は存在する。だったらそれを敢えて感じられるものにしてみよう。そうしたら、こんなおかしな舞台が出来上がった。日常のコミュニケーションの煩わしさに悩んでいる現代人も、もどかしさを乗り越えて訪れるささやかな「疎通」に、心の底で快哉を叫ぶに違いない。
その他注意事項 ◎6月15日の終演後に中野成樹(作・演出)と宮城聰によるアーティスト・トークを行います。
スタッフ 原作:サミュエル・ベケット

字幕翻訳(韓国語):金恵玲 
字幕翻訳(英語):新藤敦子
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
初演:アジア舞台芸術祭2011

[情報提供] 2013/05/15 07:40 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/14 11:43 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大