演劇

リバーウォーク北九州10周年 北九州芸術劇場×北九州市立美術館

切り裂かれたキャンバス ~「マネとマネ夫人像」をめぐって

北九州芸術劇場

北九州市立美術館分館 (リバーウォーク北九州5F)(福岡県)

他劇場あり:

2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日) 公演終了

上演時間:

劇場×美術館が贈る歴史的絵画をめぐる推理劇

謎に包まれた名作、エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》(1868-69)が北九州市立美術館に所蔵されていることを知っていますか。
19世紀の半ば、印象派の「誕生」前夜、若きドガとマネは交友を重ねながら互いに切磋琢磨していました。本作品は、ドガが...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/22 (土) ~ 2013/06/23 (日)
劇場 北九州市立美術館分館 (リバーウォーク北九州5F)
出演 寺田剛史(飛ぶ劇場)、内山ナオミ(飛ぶ劇場)、木村健二(飛ぶ劇場)
脚本 泊篤志(飛ぶ劇場)
演出 泊篤志(飛ぶ劇場)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,200円
【発売日】
日時指定・全席自由
1,000円 (当日1,200円)
サイト

http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/event/2013/0615degas.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇場×美術館が贈る歴史的絵画をめぐる推理劇

謎に包まれた名作、エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》(1868-69)が北九州市立美術館に所蔵されていることを知っていますか。
19世紀の半ば、印象派の「誕生」前夜、若きドガとマネは交友を重ねながら互いに切磋琢磨していました。本作品は、ドガがマネ夫妻を描きマネに贈ったもの。しかし、現在に残る姿は、マネ夫人の顔を消し去るかのようにキャンバスの右側が切り裂かれています。いったい、二人のあいだに何が起こったのか。
今回、リバーウォーク北九州10周年を記念し、北九州芸術劇場と北九州市立美術館のコラボレーション企画として、魅惑に満ちた《マネとマネ夫人像》をめぐる大胆な推理演劇を公演します。また、会場ではドガの作品を特別公開し、演劇のあとに学芸員による作品解説を行います。定員制の限られた入場者が一点の作品をじっくりと鑑賞しさまざまに思索する、特別な時間を提供します。
劇場と美術館との合作ならではの、画家同士の愛憎と芸術の苦悩をテーマとした特別企画です。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/05/07 00:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/08/27 17:45 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大