演劇

スタジオ公演 No.114

天切り松 闇がたり「闇の花道」

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2013/05/09 (木) ~ 2013/05/12 (日) 公演終了

上演時間:

その老人が、雑居房にやってきたのは、
就寝時間をとうに過ぎたある冬の夜更けだった。
伝説の大泥棒「天切り松」こと松蔵その人である。
彼は「闇がたり」と言われる、
六尺四方にしか届かない夜盗の声音を使って語り始めた。

『時は大正六年、季節は夏……風の死んだ日盛り……』

大正、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/09 (木) ~ 2013/05/12 (日)
劇場 青年座劇場
出演 田中耕二、家中宏、津嘉山正種、菅生隆之(文学座)、大塚明夫(マウスプロモーション)、岩倉高子、井上智之、植村喜八郎、荒井和真(KURITAカンパニー)
脚本 栗田芳宏
演出 栗田芳宏
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 4,000円
【発売日】
一般 4,000円
学生 2,800円 ※青年座のみ取扱い
サイト

http://seinenza.com/performance/studio/s114.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 その老人が、雑居房にやってきたのは、
就寝時間をとうに過ぎたある冬の夜更けだった。
伝説の大泥棒「天切り松」こと松蔵その人である。
彼は「闇がたり」と言われる、
六尺四方にしか届かない夜盗の声音を使って語り始めた。

『時は大正六年、季節は夏……風の死んだ日盛り……』

大正、昭和の激動の時代を生きてきた天切り松の半生。
それは松蔵にとって忘れられぬ人たちの物語でもある。
その他注意事項
スタッフ 原作=浅田次郎
照明=広瀬由幸
音響=竹内範之
舞台監督=安藤太一
制作=紫雲幸一
企画=津嘉山正種

[情報提供] 2013/05/05 05:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/05/15 14:41 by 和菓子金魚

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大