舞踊・バレエ

フランス・ドイツ共同ダンスプロジェクト DANSE/TANZ 

ローラン・シェトゥアーヌ振付ダンス公演『M!M(エム エム)』

東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2013/06/07 (金) ~ 2013/06/08 (土) 公演終了

上演時間:

「M!M」はエリゼ条約締結50年記念の文化プロジェクトTransfabrikの公式プログラムです。2013年3月10日にブレスト(フランス)で発表された後、現在ドイツ各地で上演中のローラン・シェトゥアーヌによる最新振付作品で、日本では、6月19日のパリ公演に先駆けてご覧いただけることになりまし...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/07 (金) ~ 2013/06/08 (土)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 マチュー・ビュルネール、ミカエル・マルクルンド
演出 ローラン・シェトゥアーヌ
振付 ローラン・シェトゥアーヌ
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 3,000円
※学生・ゲーテ&アンスティチュ会員 
2,500円
(チケットかながわは一般のみの取り扱い。)
サイト

http://www.kaat.jp/detail?id=7320#.UYPh2c3JHjR

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6.7(金) 19:30~
6.8(土) ☆17:00~
説明 「M!M」はエリゼ条約締結50年記念の文化プロジェクトTransfabrikの公式プログラムです。2013年3月10日にブレスト(フランス)で発表された後、現在ドイツ各地で上演中のローラン・シェトゥアーヌによる最新振付作品で、日本では、6月19日のパリ公演に先駆けてご覧いただけることになりました!ローラン・シェトゥアーヌは今回が初来日です。

【作品について】
「M!M」は、TRANSFABRIKの委嘱によって制作された、マテュー・ビュルネールとミカエル・マルクルンドのダンス・デュオです。フランスの哲学者、ジャック・デリダの著書『友愛のポリティックス』をドラマトゥルギー的な出発点に、シェトゥアーヌが「友情」をめぐって創作した振付作品で、二人の人間の個人的で親密な関係性だけではなく、その「友情」の裏側に潜む政治的な側面に光を当てます。「友愛」というコンセプトのもとにダンス的身振りを検証し、「政治」と「ダンス」に共通する根本的な問題、たとえば「友情」や「空間」はどこにその許容の限界があるか、共生共存あるいは「民主主義」はどのように可能になるのかといった点について思索を巡らすよううながすものです。
その他注意事項
スタッフ 衣裳/ゾフィー・レーブレ
照明/シュテファン・リツィウス
ドラマトゥルク/レオニー・オットー
振付助手/レオニー・ロドリアン
ボディトレーニング/パトリツィア・ブリュールハルト
マネージメント/クリスティーネ・カンマー、ヘンドリク・ウンガー

音楽/ベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61」
制作/ローラン・シェトゥアーヌ/TRANSFABRIK
共同制作/HAU Hebbel am Ufer (ベルリン)、 Theater Bremen(ブレーメン)、Kampnagel (ハンブルク)

[情報提供] 2013/05/04 01:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/05/04 01:17 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大