演劇

害獣芝居

宇宙舘(東京都)

2013/05/17 (金) ~ 2013/05/19 (日) 公演終了

上演時間:

害獣芝居第十回公演

中勘助作「鳥の物語」より
  『鵜の話』

われひとのつきせぬ別れの涙のうちにざんぶと海に飛び入り、
倒に沈んでゆきました。
それがこの世に残した最後の姿でございました――。

志度寺に伝わる海女の玉取り伝説。
我が子を想いつつも、竜人に奪われた玉を取...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/17 (金) ~ 2013/05/19 (日)
劇場 宇宙舘
出演 尾杉悠、金原並央、長岩七(Einseinn.)、増尾優
脚本 中勘助『鳥の物語』より『鵜の話』
演出 浅沼ゆりあ
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,000円
【発売日】
予約 1800円
当日 2000円
サイト

http://14hp.jp/?id=gaijyu

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月17日(金) 19:00~
5月18日(土) 14:00~/19:00~
5月19日(日) 14:00~/19:00~

開場は開演の30分前です。

ご予約は以下のメールアドレスまで
「日時」「枚数」「お名前(ふりがな付き)」を
御記入のうえお送りくださいませ。

gaijyu500@hotmail.co.jp
説明 害獣芝居第十回公演

中勘助作「鳥の物語」より
  『鵜の話』

われひとのつきせぬ別れの涙のうちにざんぶと海に飛び入り、
倒に沈んでゆきました。
それがこの世に残した最後の姿でございました――。

志度寺に伝わる海女の玉取り伝説。
我が子を想いつつも、竜人に奪われた玉を取り返しに
海へと身を散じた海女。
謡曲「海士」として知られるこの伝説物語を、
中勘助は鳥の視点で描き出しました。
奥底に潜む、哀しい海女・那古の苦しみを、珠玉の言葉と共に、
美しくも妖しい劇場空間へ!
その他注意事項
スタッフ 岡林 孝祥(実験劇場)
大柄 鳥子
奥瀬 由夏
絹笠 芽衣
長谷川 華
つくし企画

[情報提供] 2013/04/27 16:34 by 害獣芝居

[最終更新] 2013/05/22 06:18 by おかばや

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

mio

mio(2)

出演します。よろしくお願いします。

おかばや

おかばや(0)

演出助手の身分でいろいろお助けしていますっ。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大