歌舞伎・伝統芸能

国立劇場

国立演芸場(東京都)

2013/06/29 (土) ~ 2013/06/29 (土) 公演終了

上演時間:

花形演芸会は次代を担う若手の登竜門として注目の公演です。まずは講談から、きりっとし佇まい、華もある貞鏡で「山内一豊」。威勢の良い可龍は、泥棒二人の間抜けぶりを描く「両泥」です。華麗なチャンバラと愉快なコントのカンカラを挟んで、明るくダイナミックに語る遊馬は、甚五郎と健気な宿屋の子どもの出会いか...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/29 (土) ~ 2013/06/29 (土)
劇場 国立演芸場
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,300円 ~ 1,800円
【発売日】2013/05/11
◇指定席
一般:1800円
学生:1300円 ※要学生証
シルバー(満65歳~):1300円 ※要年齢証明
障害者:1300円
サイト

http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/engei/2013/4091.html?lan=j

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 花形演芸会は次代を担う若手の登竜門として注目の公演です。まずは講談から、きりっとし佇まい、華もある貞鏡で「山内一豊」。威勢の良い可龍は、泥棒二人の間抜けぶりを描く「両泥」です。華麗なチャンバラと愉快なコントのカンカラを挟んで、明るくダイナミックに語る遊馬は、甚五郎と健気な宿屋の子どもの出会いから始まる「ねずみ」を語ります。昨年度、見事金賞に輝いた和助の曲芸にも注目。トリは、現代的な風貌ながら悠然と江戸の世界へ惹き込む王楽が、大岡政談の一つ、「五貫裁き」を口演します。ゲストには、これまでの花形演芸大賞受賞者より遊雀を迎えて、一席お楽しみいただきます。


第409回 花形演芸会
講談「山内一豊」      一龍斎 貞鏡
落語「両泥」         三笑亭 可龍
時代劇コント         カンカラ
落語「ねずみ」      三遊亭 遊馬     
―仲入り―
落語-ゲスト-         三遊亭 遊雀                       曲芸 翁家 和助
落語「五貫裁き」  三遊亭 王楽
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/04/23 16:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/04/23 16:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大