演劇

第14回公演(アトリエ劇研提携公演/京都芸術センター制作支援事業)

その十字路の先を右に曲がった。

0 お気に入りチラシにする

演劇

第14回公演(アトリエ劇研提携公演/京都芸術センター制作支援事業)

その十字路の先を右に曲がった。

ナントカ世代

アトリエ劇研(京都府)

2013/06/21 (金) ~ 2013/06/23 (日) 公演終了

上演時間:

ナントカ世代の原作シリーズ。約1年半ぶりの新作で採り上げるのは「もっと皆に読んでほしい」イタリアの作家、チェーザレ・パヴェーゼの遺作。公募と選考により選出した俳優2名を加えて、少し装いも新たにお届けします。

--
街と丘のあいだにある背の高い樹がなくなった今年の夏は、祭りの音がよく聞こ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画2

すべて見る

予告用トレイラーです。おまけの金田一インタビューあり。

公演詳細

期間 2013/06/21 (金) ~ 2013/06/23 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 浦島史生(柳川)、延命聡子、筒井加寿子(ルドルフ)、桐山泰典(やみいち行動/中野劇団)、田中浩之、永栄紘実、河西美季、柿谷久美子
脚本 北島淳、(原作/チェーザレ・パヴェーゼ「月とかがり火」)
演出 北島淳
料金(1枚あたり) 1,300円 ~ 2,800円
【発売日】2013/05/10
前売1,800円、当日2,300円、ペア前売2,800円、学生前売1,300円、学生当日1,800円
サイト

http://sedai.main.jp/jujiro.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月21日(金)19:00
6月22日(土)14:00/19:00
6月23日(日)13:00/17:00
説明 ナントカ世代の原作シリーズ。約1年半ぶりの新作で採り上げるのは「もっと皆に読んでほしい」イタリアの作家、チェーザレ・パヴェーゼの遺作。公募と選考により選出した俳優2名を加えて、少し装いも新たにお届けします。

--
街と丘のあいだにある背の高い樹がなくなった今年の夏は、祭りの音がよく聞こえる。

刈り入れを控え、つかの間ねむる子どもたちの傍らで、
留守を預かる農夫頭はいささか緊張しているようにも見える。

農協のひとがやってきた。保険の話をするためだ。

加入者がどうとか被保険者がどうだとか、難しい話はさっぱり進まない。
でも、奥さんはふと気づくのだ。
―このしたり顔でしゃべる背広の男だっても、結局は農協の代理人に過ぎないじゃないか。

話は進まなくとも季節はめぐる。

祭りが引ければ、果樹の手入れも始めなくちゃならない、本格的に。
その他注意事項
スタッフ 音響:北島 淳
舞台監督:釈迦谷 智
美術・人形制作:丸山 ともき
美術:河村 和広,窪田 敦之(劇団ケッペキ)
照明:真田 貴吉
制作:作田 京子
製作:蚤の市

[情報提供] 2013/04/04 23:07 by Jun Kitajima

[最終更新] 2013/06/25 22:42 by Jun Kitajima

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

Jun Kitajima

Jun Kitajima(0)

演出

がんばりまっくす。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大