演劇

兵庫県立ピッコロ劇団

ピッコロシアター 中ホール(兵庫県)

2013/04/05 (金) ~ 2013/04/11 (木) 公演終了

上演時間:

悲劇を経験した人間はその後、
どうやって未来を手にすることができるのか?

核戦争後の日本、そして
第二次世界大戦におけるレニングラード。
異なる視点から描きだす日本とロシアの名作2作品に、
ピッコロ劇団の今後の創作活動を担うことが期待される2名の演出家が挑みます。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/05 (金) ~ 2013/04/11 (木)
劇場 ピッコロシアター 中ホール
出演 今仲ひろし、浜崎大介、杏華、原竹志、樫村千晶、三坂賢二郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】
<全席自由席>
前売2000円(当日2500円)
2作品セット券3500円
※それぞれの作品にチケット1枚必要です。
サイト

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=54

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月 5日(金)18:30 寿歌
  6日(土)14:00 寿歌★   17:00 マラート     
  7日(日)14:00 マラート★ 17:00 寿歌
  8日(月) 休館日
  9日(火)14:00 寿歌
  10日(水)18:30 マラート
  11日(木)14:00 マラート
説明 悲劇を経験した人間はその後、
どうやって未来を手にすることができるのか?

核戦争後の日本、そして
第二次世界大戦におけるレニングラード。
異なる視点から描きだす日本とロシアの名作2作品に、
ピッコロ劇団の今後の創作活動を担うことが期待される2名の演出家が挑みます。
その他注意事項
スタッフ 「寿歌」 
作=北村 想 演出=吉村祐樹(兵庫県立ピッコロ劇団)

「私のかわいそうなマラート~焼跡のワルツ」
作=アレクセイ・アルブーゾフ 
翻訳・演出=島守辰明(兵庫県立ピッコロ劇団)

照明=石原直盛(ハートス) 
音響=三宅住絵(Quantum Leap*)
舞台監督=政香里沙・鈴木田竜二 
制作=田窪哲旨

[情報提供] 2013/03/29 22:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/13 21:46 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大