演劇

同志社小劇場四月公演

星の王子さま

デザイン:若林利佳

0 お気に入りチラシにする

演劇

同志社小劇場四月公演

星の王子さま

同志社小劇場

同志社大学新町キャンパス学生会館別館小ホール(京都府)

2013/04/19 (金) ~ 2013/04/21 (日) 公演終了

上演時間:

装飾過多の西洋の売春宿を思わせるホテルロビー。
オーマイパパ(年齢不詳の男装の麗人)とその娘点子(旅をし続ける少女)が、宿を求めやってくる。

天体望遠鏡をのぞき、星を見張っているというウワバミは、この宿の女主人である。
女中のヒツジ(白髪の少女)に連れられて点子が部屋へ入っていくと、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/19 (金) ~ 2013/04/21 (日)
劇場 同志社大学新町キャンパス学生会館別館小ホール
出演
脚本 寺山修司
演出 葛原敦嘉
料金(1枚あたり) 0円 ~ 500円
【発売日】2013/03/27
前売(予約):300円
当日:500円
新入生:無料(大学名問わず)
半券提示で100円引き
サイト

http://dshogeki.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月19日(金) ☆18:00
4月20日(土) ★14:00 ☆18:00(終演後、舞台裏見学あり)
4月21日(日) ★14:00

☆覚悟のみせぱん篇 ★少女地獄篇

☆覚悟のみせぱん篇
点子・・・・・・・大井朋子
ウワバミ・・・・・右田梨子
パパ・・・・・・・富永琴美
点灯夫・・・・・・西川慎吾
ヒツジ・・・・・・小勝健太
王様の星・・・・・長南洸生
そろばんの星・・・竹中眸
のみすけの星・・・村主彩乃
地理学者の星・・・若林利佳

★少女地獄篇
点子・・・・・・・富永琴美
ウワバミ・・・・・葛原敦嘉
パパ・・・・・・・竹中眸
点灯夫・・・・・・長南洸生
ヒツジ・・・・・・村主彩乃
王様の星・・・・・西川慎吾
のみすけの星・・・小勝健太
地理学者の星・・・右田梨子
そろばんの星・・・ 若林利佳

説明 装飾過多の西洋の売春宿を思わせるホテルロビー。
オーマイパパ(年齢不詳の男装の麗人)とその娘点子(旅をし続ける少女)が、宿を求めやってくる。

天体望遠鏡をのぞき、星を見張っているというウワバミは、この宿の女主人である。
女中のヒツジ(白髪の少女)に連れられて点子が部屋へ入っていくと、オーマイパパは、ウワバミに自分たちの素性を語る。
自分が男装をしているのは、変態でもおなべでもなく、父を亡くした点子のファザーコンプレックスの代用品であるという。迷い込んだ、二つのすい星に微笑むウワバミ。

星の王子さまを愛するあまり、恐怖の老処女となったウワバミは、点子に自分たちと同じように、星の王子さまになるように迫る。
椅子に縛り付け、点子に襲いかかろうとするが、ヒツジに助けられる。だが、そのヒツジも、レズビアンであった。
そして男装の麗人達が現れ、点子に襲いかかる。

一方、オーマイパパは、ホテルの一室で出会った、点燈夫の星(毛深き電気修理工)に男装を見抜かれ、押し倒されて快楽の底に落ちていく。
その様子をきたならしい地獄と冷ややかに見つめるウワバミ。

醜いものは見ようともせず、きれいなものだけを見続けようとするウワバミに、醜くともそれが現実、ありのままを素直に受け止めるべきと、対抗する点子。二つの論理が対立し、交錯した先には―――。

その他注意事項 覚悟のみせぱん篇、少女地獄篇のダブルキャスト上演です。
20日19:00【覚悟のみせぱん篇】上演後には、新歓特別、舞台裏見学あり。(予約不要。終演後、会場前の広場でお待ちください)

スタッフ 【小道具】 達富愛
【舞台美術】 右田梨子、小勝健太
【宣伝美術】 若林利佳
【舞台監督】 吉見拓馬
【音響】 富永琴美、葛原敦嘉
【照明】 竹中眸、葛原敦嘉
【制作】 大井朋子、吉見拓馬、西川慎吾
【衣装】 長南洸生、村主彩乃

[情報提供] 2013/03/27 17:32 by 同志社小劇場

[最終更新] 2013/04/05 01:32 by 同志社小劇場

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大