演劇

横溝正史生誕111年/一徳会第11回公演

2人の藝術家の話/鬼火

デザイン:武者輝

0 お気に入りチラシにする

演劇

横溝正史生誕111年/一徳会第11回公演

2人の藝術家の話/鬼火

一徳会/鎌ヶ谷アルトギルド

鎌ヶ谷市東部学習センター・レインボーホール(千葉県)

2013/04/06 (土) ~ 2013/04/07 (日) 公演終了

上演時間:

《物語のあらまし》
DとМというのは二人の青年の名ではあるが、同時に、この二人が持っていた全く異なった二つの「魂」の名でもあります。だから「DとМの話」は「二つの魂の歴史」と云っても差し支えない……。

全く異なった魂を持ちながらDとМは従兄弟同士でありました、そして幼い頃から競い合うよ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/06 (土) ~ 2013/04/07 (日)
劇場 鎌ヶ谷市東部学習センター・レインボーホール
出演 伊藤祥子、小助川玲凪、鈴木正孝、前島謙一、阿部崇子(KADENTheatricalARTCompany)、伊藤全記(劇団ING進行形)、文秉泰
脚本 原作/横溝正史(角川書店刊「鬼火」より)
演出 石井幸一
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】2013/03/06
前売:2500円
当日:3000円
学生:1500円(要予約・受付にて学生証の提示)
サイト

http://www.1tokukai.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月6日(土)14:00/19:00
4月7日(日)14:00
説明 《物語のあらまし》
DとМというのは二人の青年の名ではあるが、同時に、この二人が持っていた全く異なった二つの「魂」の名でもあります。だから「DとМの話」は「二つの魂の歴史」と云っても差し支えない……。

全く異なった魂を持ちながらDとМは従兄弟同士でありました、そして幼い頃から競い合うように育ちました。しかし、二人がともに美術をやりだすようになってからは、二人の心は後戻りの出来ない戦いの道へ進み始めます。この事は彼らの「魂の歴史」に於いてかなり重要な事実です。「藝術」が彼らを近づける媒介とならないで、かえって彼らを遠ざける因子となったと云う一事は……

Dは名前を漆山代助、Mは漆山万造といいます。
DとM、そして絵画モデルであった一人の女、「鬼火」は彼らの生涯にまつわる、深襲綿々(しんしゅうめんめん)たる憎念と嫉妬と奸策の物語です。
___________________________

《横溝正史と小説「鬼火」》
「鬼火」は昭和10年、信州に転地療養中だった著者が『毎日3枚か4枚しか書けなかった』状態で、ベッドと机を行き来しながら3ヶ月かけて書き上げた作品です。しかし発表されると、一部の描写が当局の検閲に触れ削除を余儀なくされました。その後、無削除の原稿が発見され発表当時の形に再現されるまで実に30年あまりの月日を要しました。
著者が愛した「谷崎潤一郎の幾つかの作品」に影響を受けながらも、後に「金田一耕助シリーズ」などで大きく花開く【閉鎖社会での愛憎劇】というテーマを極めてミニマムな形で濃厚に書き上げた本作は、間違いなく横溝正史中期の傑作であります。
その他注意事項
スタッフ 音響:武者輝
照明:染谷和彦
衣装:伊藤祥子
美術:一徳会美術部
宣伝写真:市川高穂
製作:鎌ヶ谷アルトギルド/一徳会
協力:角川書店

[情報提供] 2013/02/22 19:36 by 石井幸一郎

[最終更新] 2013/05/07 03:57 by ZQ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー8

boong

boong(0)

是非。

takako

takako(0)

出演しています

全記

全記(0)

出演させていただきます

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大