演劇

シアターZOO提携公演【Re:Z】

劇団東京乾電池『寿歌』

0 お気に入りチラシにする

演劇

シアターZOO提携公演【Re:Z】

劇団東京乾電池『寿歌』

北海道演劇財団

扇谷記念スタジオ・シアターZOO(北海道)

2013/03/24 (日) ~ 2013/03/28 (木) 公演終了

上演時間:

核戦争後。
全てが瓦礫となった廃墟の世界。
旅芸人のゲサクとキョウコがリヤカーをひいて歩いてゆく。
空には今でもミサイルが飛び続けている。

1979年初演の本作は当時の演劇界に大きな衝撃を与え、その後の80年代以降の小劇場演劇の方向性を決定づけたといわれています。
北村想の傑作戯...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/03/24 (日) ~ 2013/03/28 (木)
劇場 扇谷記念スタジオ・シアターZOO
出演 ゲサク:西元竜樹、キョウコ:角替和枝、ヤスオ(Wキャスト):柄本明、ヤスオ(Wキャスト):血野滉修
脚本 北村想
演出 柄本明
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般:3,000円
学生:2,500円
高校生以下:2,000円
※前売・当日ともに
サイト

http://www.h-paf.ne.jp/ogist/teikei/2012/03_tokyo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ※柄本、血野はダブルキャストです

2月24日(日)16:00(柄本)
2月25日(月)15:00(柄本)
2月25日(月)19:00(血野)
2月26日(火)19:00(柄本)アフタートークあり
2月27日(水)15:00(血野)
2月27日(水)19:00(血野)アフタートークあり
2月28日(木)19:00(血野)
説明 核戦争後。
全てが瓦礫となった廃墟の世界。
旅芸人のゲサクとキョウコがリヤカーをひいて歩いてゆく。
空には今でもミサイルが飛び続けている。

1979年初演の本作は当時の演劇界に大きな衝撃を与え、その後の80年代以降の小劇場演劇の方向性を決定づけたといわれています。
北村想の傑作戯曲を柄本明の東京乾電池が上演。
これは必見です!!
その他注意事項 <アフタートーク情報>
2月26日(火)19:00公演終了後(北村想+柄本明)
2月27日(水)19:00公演終了後(北村想)
スタッフ 【照明】日高勝彦
【音響】原島正治
【舞台監督】山地健仁

[情報提供] 2013/01/22 20:57 by かさじままままま

[最終更新] 2013/08/12 17:53 by かさじままままま

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

ヨコヤマカツトシ

ヨコヤマカツトシ(0)

制作サポートで関わっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大