演劇

羊たちの宴 「春」Vol.2

ダーク・フィッシュ

デザイン:森 文江

0 お気に入りチラシにする

演劇

羊たちの宴 「春」Vol.2

ダーク・フィッシュ

移動する羊

要町アトリエ第七秘密基地(東京都)

2013/03/09 (土) ~ 2013/03/10 (日) 公演終了

上演時間:

能登半島のさびれかけたローカル線のホームで、ある日4人の男女が出逢う。
森瞳。明智黒曜。上杉拓馬。武田宗光。
その4人のちょっと不可思議な物語。

出会いから時がたって2035年。
世界はさほど変わってはなく、人々の日常は続いている。
その年は数十年ぶりに日本で皆既日蝕が見られる年...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/03/09 (土) ~ 2013/03/10 (日)
劇場 要町アトリエ第七秘密基地
出演 加田斎、岩田昂、石橋亮、藤田祐子
脚本 愛川武博
演出 愛川武博
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】2013/02/09
◎一般 前売り2,000円/当日2,500円
◎19歳以下無料(要身分証明書提示・要予約・枚数限定先着順)
サイト

http://movingmerry.sunnyday.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月 9日(土)18:00
3月10日(日)13:00/18:00
※開場は開演の30分前です。
※上演時間は90分程度を予定しております。
説明 能登半島のさびれかけたローカル線のホームで、ある日4人の男女が出逢う。
森瞳。明智黒曜。上杉拓馬。武田宗光。
その4人のちょっと不可思議な物語。

出会いから時がたって2035年。
世界はさほど変わってはなく、人々の日常は続いている。
その年は数十年ぶりに日本で皆既日蝕が見られる年。
彼らは、自分たちが出逢った、今や廃線になった駅のホームで日蝕の瞬間を待っていた。

「それは日蝕の瞬間にだけ現れるっていう不思議な魚」
「魚?」
「そう。闇の世界を泳ぐ、サカナ」
「世界を、泳ぐ…?」
「現れるんですって」
「つまり見た人が、居る?」
「居る。そして人々は誰ともなくその魚をそう呼ぶようになったの」
「なるほど、それが」
「うん、ダーク・フィッシュ」。

稽古場公演では2035年日蝕の日の、駅の横の大きな公園から始まり、数年前のある居酒屋で起こる物語に戻る。
劇場公演では4人の出会いのシーンから始まり、2035年日蝕の瞬間から起こる奇譚(世にも珍しく面白い物語・言い伝え~広辞苑)を、描く。

「移動する羊」の稽古場参加メンバーで贈る、可笑しくて不可思議なダーク・フィッシュ奇譚。
その他注意事項 2013年2月16日(土)~2月17日(日)
入場無料の稽古場公演を行います。
ぜひ劇場公演と併せてご覧くださいませ。

羊たちの宴「春」vol.2稽古場公演
『ダーク・フィッシュ~心に咲く花を彼女は孤独と呼ぶ』
作・演出 愛川武博

【開演日時】
2月16日(土)18:30
2月17日(日)18:30
※開場は開演の30分前です。
※上演時間は60分程度を予定しております。
※公演終了後、その場で1時間ほどの懇親会を行います。興味のある方はぜひご参加ください。そしてお芝居の感想などをお聞かせください。

【会場】
雑司ヶ谷区民集会室(区立雑司が谷保育園併設)
東京都豊島区雑司ヶ谷1-22-5
○東京メトロ副都心線 「雑司ヶ谷駅」1番出口から徒歩8分
○東京メトロ有楽町線 「東池袋駅」5番出口から徒歩8分
○JR 「池袋駅」東口から徒歩20分
スタッフ 【舞台監督】岡大資/【照明】松尾 元(コモレビ、机上風景)/【音響】タケケ/【舞台美術】細野 美也(劇団やぶさか)/【制作】Mana-T(演劇海賊フリバティ団)/【制作補佐】崎濱 恵梨(劇団テアトルジュンヌ、劇団しどろもどろ)

[情報提供] 2013/01/20 22:37 by Mana-T

[最終更新] 2013/06/11 04:13 by Mana-T

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

移動する羊・制作

移動する羊・制作(0)

制作ですー。 よろちくにゃにゃんこー

mqz

mqz(5)

制作補佐をやらせていただきます。 よろしくお願いします。

ラブリバー

ラブリバー(0)

移動する羊・作・演出の愛川武博です。 羊の世界観を保...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大