その他

現代朗読公演

沈黙の朗読

初恋

デザイン:大庭花音

0 お気に入りチラシにする

その他

現代朗読公演

初恋

沈黙の朗読

NPO法人 現代朗読協会

キッド・アイラック・アート・ホール(東京都)

2013/02/22 (金) ~ 2013/02/22 (金) 公演終了

上演時間:

 なにもいわなくていいの。それより私の話を聞いて。
 こんなことが自分の身に起こるなんて、何十年も生きてきて想像したこともなかった。
 なにしろ、彼はまだ二十二なんだから。
 ――現代朗読とはテキストを素材とした音声表現である。


朗読を聴くとき、多くの人はそのストーリー「お話...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/22 (金) ~ 2013/02/22 (金)
劇場 キッド・アイラック・アート・ホール
出演 野々宮卯妙、金宜伸、水城ゆう
脚本 水城ゆう
演出 水城ゆう
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2013/01/15
予約2500円/当日3000円
サイト

http://grkinfo.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月22日(金)15:00
2月22日(金)20:00
説明  なにもいわなくていいの。それより私の話を聞いて。
 こんなことが自分の身に起こるなんて、何十年も生きてきて想像したこともなかった。
 なにしろ、彼はまだ二十二なんだから。
 ――現代朗読とはテキストを素材とした音声表現である。


朗読を聴くとき、多くの人はそのストーリー「お話の内容」を追おうとする。かねてから私はそのことがとても残念に感じていた。
朗読において朗読者からオーディエンスに伝わるものは、本来もっとリッチなものだ。その声質、息づかい、空気の動き、存在そのもの。それを感じてもらいたいと思っていた。
なかでももっともリッチなもののひとつが「沈黙」なのではないか。沈黙を成立させるための朗読パフォーマンスがあってもいいのではないか——。
こうして2010年3月に中野〈plan-B〉で榊原忠美との「沈黙の朗読——記憶が高速を超えるとき」を初演、一連の「沈黙の朗読」シリーズが始まった。野々宮卯妙は、女優の石村みかを加えた同シリーズ「特殊相対性の女」で名古屋芸術劇場などに出演したのを皮切りに、2011年には同シリーズ「槐多朗読」のソロを務めている。「槐多朗読」はすでに六回を数え、今回〈槐多〉の上のホールに移って、沈黙の朗読「初恋」の実現を見ることになった。
今回、ダンサーのキム・ウィシンに加わってもらうことができた。沈黙のダンス。それはどんなものだろう。
そして舞台美術に造形作家の丸山純子を迎えることができた。繊細で静謐な丸山作品が、沈黙の朗読にどのような化学反応を起こしてくれるだろうか。
私もみなさんとおなじ時間と空間を共有し、沈黙を心ゆくまで味わってみようと思っている。
(水城ゆう)
その他注意事項
スタッフ 音楽・即興演奏:水城ゆう

美術:丸山純子
照明:早川誠司

[情報提供] 2013/01/17 17:03 by 現代朗読協会

[最終更新] 2013/01/17 18:25 by 現代朗読協会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大