演劇

【文学+-×÷】vol.1 宮澤賢治 +-×÷ chon-muop

うすあかりの国

chon-muop

RAFT(東京都)

2013/02/22 (金) ~ 2013/02/24 (日) 公演終了

上演時間:

とても大きなかなしい出来事に見舞われたとき、既に死んでしまっている「あの彼」が「もし、いま、生きていたならば」と考えるのは、センチメンタリズムにまみれた安易な逃避かもしれません。

それでも例えば、彼があと十数年長く生きていたら、例えば、あの大きな戦争の「あとの日本」を経験していたら、どん...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/22 (金) ~ 2013/02/24 (日)
劇場 RAFT
出演 たけうちみずゑ、澁谷橙、榎本純子、小玉陽子、関根麻郎、後藤勇(コントラバス/他)、山崎阿弥(声/歌)
脚本
演出 櫻井拓見
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,500円
【発売日】
予約¥2,300 当日¥2,500
サイト

http://raftweb.info/usuakari

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月22日(金) 15:30☆ / 19:30
2月23日(土) 15:30 / 19:30★
2月24日(日) 13:00 / 17:00
全6回公演。受付・開場は開演の30分前です
☆…プレビュー公演。予約・当日ともに料金500円引き
★…終演後、アフタートーク的なささやかな催しあり
説明 とても大きなかなしい出来事に見舞われたとき、既に死んでしまっている「あの彼」が「もし、いま、生きていたならば」と考えるのは、センチメンタリズムにまみれた安易な逃避かもしれません。

それでも例えば、彼があと十数年長く生きていたら、例えば、あの大きな戦争の「あとの日本」を経験していたら、どんな見えないものを見て、どんな聴こえない音を聴いていたのか。

やはり私も「宮澤賢治の不在」を追いかけるようにして、想像してみたくなりました。
宮澤賢治自身が早世した妹「トシ子」の不在を追いかけたように、電信柱が息づくのを見たように、いまの私の「生」がいったいどこに宿っているのか、小さなイカダ(=RAFT)に乗って、再確認する試みです。

         *  *  *

『うすあかりの国』は、彼の小説「ひかりの素足」の中の章題のひとつで、子供が迷い込む地獄の光景を描いています。

まずは、その示唆的な章題と、本文からすくい取ったこの言葉をお借りして、始めてみたいと思います。

「けれどもそこはどこの国だったのでせう」

(「うすあかりの国」上演に寄せて:櫻井拓見)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/01/15 10:39 by RAFT

[最終更新] 2013/05/10 11:33 by RAFT

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大