演劇

兵庫県立ピッコロ劇団第45回公演/ピッコロシアタープロデュース

泡ー流れ着くガレキに語りかけたこと

兵庫県立ピッコロ劇団

兵庫県立芸術文化センター 中ホール(兵庫県)

2013/02/21 (木) ~ 2013/02/24 (日) 公演終了

上演時間:

社会とつながろうとして失敗した家族は
海の上で暮らしていた
漂流するその家族たちにゆっくりと
ガレキが、家のガレキが、近づいてくる
ガレキは漂流家族たちの間をぬって
海辺へと流れてゆく。
家族たちは新しい社会とのつながりを求めて
そのガレキを追うが……。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/21 (木) ~ 2013/02/24 (日)
劇場 兵庫県立芸術文化センター 中ホール
出演 東龍美、今井佐知子(ピッコロ劇団)、今仲ひろし(ピッコロ劇団)、今村彩夏(劇団てんてこまい)、岡田力(ピッコロ劇団)、杏華(ピッコロ劇団)、ことえ(空間悠々劇的)、こんどうけいいち(演劇集団ザ・ブロードキャストショウ)、佐野剛(ピッコロ劇団)、サリngROCK(突劇金魚)、孫高宏(ピッコロ劇団)、高橋恵美子、立花明依、橘義(ピッコロ劇団)、土居志央梨、道幸千紗(ピッコロ劇団)、中川義文(ピッコロ劇団)、新居則子(劇団パロディフライ)、丹羽実麻子、野秋裕香(ピッコロ劇団)、原竹志(ピッコロ劇団)、平井久美子(ピッコロ劇団)、風太郎(ピッコロ劇団)、マイク・ハン、松田早穗(ベビー・ピー)、木千種(劇団ひまわり)、三/峯素子(遊気舎)、森好文(ピッコロ劇団)、森万紀(ピッコロ劇団)、山田まさゆき(突劇金魚)、山田裕(ピッコロ劇団)、吉村祐樹(ピッコロ劇団)、渡部純二
脚本 岩松了(兵庫県立ピッコロ劇団代表)
演出 岩松了(兵庫県立ピッコロ劇団代表)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,500円
【発売日】2012/12/09
〈全席指定〉
一般 4500円
大学生・専門学校生 3000円
高校生以下 2500円
サイト

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=44

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年
2月21日(木)19:00
2月22日(金)14:00 19:00
2月23日(土)13:00 18:00
2月24日(日)14:00 
※開場各開演の30分前
説明 社会とつながろうとして失敗した家族は
海の上で暮らしていた
漂流するその家族たちにゆっくりと
ガレキが、家のガレキが、近づいてくる
ガレキは漂流家族たちの間をぬって
海辺へと流れてゆく。
家族たちは新しい社会とのつながりを求めて
そのガレキを追うが……。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/01/13 20:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/13 21:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大