演劇

オフィスワンダーランドラボ公演

フェニックス・クラブ

オフィスワンダーランド・演劇集団ワンダーランド

サンモールスタジオ(東京都)

2013/04/03 (水) ~ 2013/04/07 (日) 公演終了

上演時間:

 1947年、上野。焼け跡の町である。ある男・Aが、上野に非合法のカジノ「フェニックスクラブ」を作ろうともくろんでいた。
 当時、日本は米国の占領下にあった。米国の統治政策に呈するレジスタンスでもあった。
 当然、GHQは「フェニクスクラブ」をつぶそうとする。Aは、戦時中南方戦線で、何度も...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/03 (水) ~ 2013/04/07 (日)
劇場 サンモールスタジオ
出演 中田寿輝、石鳥孝明、斎藤皓允(ワンダー・プロ)、林篤志、倉多七与(エレメンツ)、高橋亜矢、岡崎真弓、森沢美優(アクアプレイス)、山幸加奈、中崎美香、櫻井美代子、その他
脚本 竹内一郎
演出 松村穣
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】2013/03/01
平日昼 2800円
他ステージ 3000円
サイト

http://www.office-wonderland.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月3日(水)19:00
4月4日(木)14:00/19:00
4月5日(金)14:00/19:00
4月6日(土)14:00/19:00
4月7日(日)14:00
説明  1947年、上野。焼け跡の町である。ある男・Aが、上野に非合法のカジノ「フェニックスクラブ」を作ろうともくろんでいた。
 当時、日本は米国の占領下にあった。米国の統治政策に呈するレジスタンスでもあった。
 当然、GHQは「フェニクスクラブ」をつぶそうとする。Aは、戦時中南方戦線で、何度も死線を越えた男だった。
 人格者だった。 GHQの政策に真っ向から対立する。
 とうぜん、米国のご機嫌をうかがう日本政府も、GHQに同調する。
 だが、GHQ,日本政府、双方からAに協力するものが出てきて、「特別自由地区」ができていく。
 米国の占領政策とも、日本政府の思惑とも裏腹に、民衆は、民衆の力で、自分たちの「復興観」を貫いていく。
 やがて、日本は「アジアの奇跡」と呼ばれるような復興を遂げていく。
その他注意事項 未就学児は入場不可です。
開演に遅れた場合は、他お客様に入っていだくことがあります。
どうぞご了承ください。
スタッフ 舞台監督・河内哲二郎
音響・高橋たかふみ
照明・仲光和樹(E-FLAT)
制作・哲akiko子・浜田和美

[情報提供] 2013/01/11 14:14 by 浜田和美

[最終更新] 2013/04/11 21:14 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

やまかな

やまかな(0)

出演者です!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大