舞踊・バレエ

松山バレエ団

NHKホール(東京都)

2013/01/25 (金) ~ 2013/01/25 (金) 公演終了

上演時間:

「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」という“チャイコフスキーの三大バレエ”と並び称される中で、最も古い時期に作曲された「白鳥の湖」は、古典バレエ時代を代表する作品であると同時に、現代においても絶えず芸術家たちにインスピレーションを与え、多くの演出や改訂版を生み出してきた、いわば永遠...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/01/25 (金) ~ 2013/01/25 (金)
劇場 NHKホール
出演 森下洋子、松山バレエ団
演出 清水哲太郎
振付 清水哲太郎
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 15,000円
【発売日】
GS席
15,000円
S席
13,000円
A席
11,000円
B席
9,000円
C席
7,000円
D席
5,000円
サイト

http://www.matsuyama-ballet.com/performance/swan_index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」という“チャイコフスキーの三大バレエ”と並び称される中で、最も古い時期に作曲された「白鳥の湖」は、古典バレエ時代を代表する作品であると同時に、現代においても絶えず芸術家たちにインスピレーションを与え、多くの演出や改訂版を生み出してきた、いわば永遠に変わり続ける力を秘めたバレエである。
その魅力の源は、チャイコフスキーの音楽そのものにあり、壮大なスケールと、叙情的なメロディーは広く親しまれている。
今回の新「白鳥の湖」は、松山バレエ団総監督の清水哲太郎によって新演出・振付され、1994年に初演された作品である。
従来の王子ジークフリードとオデット姫との恋物語の枠をこえ、激動の16世紀ドイツの王国が、女王マリアの退位と皇太子ジークフリードの戴冠式が行われる時に、魔王ロットバルトのめぐらす陰謀の脅威にさらされるという、歴史背景がダイナミックに表現されている。そこには、人間の勇敢なる行動と、真実の愛はいかなる困難にも打ち勝つことができるという、崇高なドラマが描かれている。
そして、白鳥たちの美しく優雅な舞や、宮廷で繰り広げられる華やかな舞踊の数々…。
豪華な舞台美術と衣裳、そして世界のプリマ森下洋子を中心とした松山バレエ団総出演で上演する絢爛たるステージをお楽しみください。
その他注意事項
スタッフ 指揮〉 河合尚市
演奏〉 東京ニューフィルハーモニック管弦楽団
作曲〉 P.I.チャイコフスキー
主催〉 (財)松山バレエ団
協力〉 東京音協

[情報提供] 2013/01/11 05:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/11 05:41 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大