演劇

鳥の劇場2012年度プログラム<創るプログラム>

制度と経済に 支配された我々は 人生を“美”によって 再構築できるのか?

『天使バビロンに来たる』

0 お気に入りチラシにする

演劇

鳥の劇場2012年度プログラム<創るプログラム>

『天使バビロンに来たる』

制度と経済に 支配された我々は 人生を“美”によって 再構築できるのか?

鳥の劇場

鳥の劇場(鳥取県)

2013/02/22 (金) ~ 2013/03/03 (日) 公演終了

休演日:24日、25日、26日、27日、28日

上演時間:

神と王と乞食と大衆によるポップな政治劇。
現代アートの拠点岡山・犬島で昨秋日本初演。
大好評の作品が本拠地鳥取でいよいよ上演。

スイスを代表する現代劇作家デュレンマットの戯曲を取り上げます。国内外で高い評価を得た『老貴婦人の訪問』に続いて、鳥の劇場がつくる二作目の“デュレンマット”で...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/22 (金) ~ 2013/03/03 (日)
劇場 鳥の劇場
出演 鳥の劇場
脚本 原作:F.デュレンマット、翻訳:宮下啓三
演出 中島諒人
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】2013/01/21
大人2,000円 中高生500円 小学生以下無料
サイト

http://www.birdtheatre.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年2月22日(金)~24日(日)、3月1日(金)~3日(日)
・2月22日(金)、3月1日(金)は19:30開演
・2月23日(土)、24日(日)、3月2日(土)、3日(日)は14:00開演
説明 神と王と乞食と大衆によるポップな政治劇。
現代アートの拠点岡山・犬島で昨秋日本初演。
大好評の作品が本拠地鳥取でいよいよ上演。

スイスを代表する現代劇作家デュレンマットの戯曲を取り上げます。国内外で高い評価を得た『老貴婦人の訪問』に続いて、鳥の劇場がつくる二作目の“デュレンマット”です。古代の最先端都市バビロンを舞台に、コミカルで哲学的な現代文明批評が展開します。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/01/10 19:01 by kuzuoka

[最終更新] 2013/01/10 19:04 by kuzuoka

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大