歌舞伎・伝統芸能

あうるすぽっと演芸ライブ

講談と浪曲のハナシ 第二回

あうるすぽっと

あうるすぽっと(東京都)

2013/02/17 (日) ~ 2013/02/17 (日) 公演終了

上演時間:

講談と浪曲をそれぞれ一席ずつ楽しんでいただける演芸ライブの第二回です。一月より全二回で開催の「講談と浪曲のハナシ」もこの回で最後です、お聴き逃しなく!
「講談も浪曲も、名前は知っているけれど実際に聴いたことはない…」
「興味はあるけれどチャンスが無かった…」
「落語以外の伝統話芸も聴いて...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/17 (日) ~ 2013/02/17 (日)
劇場 あうるすぽっと
出演 一龍齋貞橘、東家一太郎
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
全席自由(先着300名)
入場無料・予約不要
サイト

http://www.owlspot.jp/performance/130217.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 講談と浪曲をそれぞれ一席ずつ楽しんでいただける演芸ライブの第二回です。一月より全二回で開催の「講談と浪曲のハナシ」もこの回で最後です、お聴き逃しなく!
「講談も浪曲も、名前は知っているけれど実際に聴いたことはない…」
「興味はあるけれどチャンスが無かった…」
「落語以外の伝統話芸も聴いてみたい…」そんなアナタにぴったりな、講談と浪曲をそれぞれ一席ずつ楽しんでいただける無料ライブです。
出演者が、講談、浪曲、それぞれのの魅力について語るトークコーナー、「講談と浪曲のあれこれ」では、更に味わい深い講談と浪曲の世界へご案内します。

講談とは…
リズミカルな話芸が特徴で「講釈師見てきたような嘘をつき」という言葉ができるくらい、その軽妙・妙味な技でどんなことでも本当のように思わせ、見るもの・聴くものを魅了します。戦国・歴史物や事件を扱ったものが多く、冬は義士、夏は怪談物が多く読まれます。

浪曲とは…
三味線を伴奏に、物語を節と啖呵(台詞)で演じる芸。「一声、二節、三啖呵」と言われ、味のある声と啖呵、絶妙なタイミングで繰り出される節が三位一体となり、情景表現や喜怒哀楽に富んだ浪曲が生まれると言われています。
その他注意事項
スタッフ 講談:一龍齋貞橘
浪曲:東家一太郎(曲師:大久保 美)

[情報提供] 2013/01/08 06:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/08 06:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大