舞踊・バレエ

演奏する身体はダンスになりうるのか、コレオグラファーと音楽家の探求と実践

db-ll-bass ― 音、身体、楽器

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

演奏する身体はダンスになりうるのか、コレオグラファーと音楽家の探求と実践

db-ll-bass ― 音、身体、楽器

Kiki Arts Project

森下スタジオ(東京都)

他劇場あり:

2013/02/14 (木) ~ 2013/02/14 (木) 公演終了

上演時間:

コントラバス奏者による音とムーブメントの作品で、歴史的に築かれてきた身体と楽器の関係を再検証しそれぞれの可能性を相互に拡張させることで、あらたな創造の領域を構築しようとする試みです。共同作業者は、トルコを代表するコレオグラファーのアイディン・テキャルと、身体の内底から抉り出さすかのような即興演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/14 (木) ~ 2013/02/14 (木)
劇場 森下スタジオ
出演 河崎純
演出
振付 アイディン・テキャル
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2012/12/20
前売り・予約 2,000円 当日2,500円 全席自由
サイト

http://db-ll-base.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 コントラバス奏者による音とムーブメントの作品で、歴史的に築かれてきた身体と楽器の関係を再検証しそれぞれの可能性を相互に拡張させることで、あらたな創造の領域を構築しようとする試みです。共同作業者は、トルコを代表するコレオグラファーのアイディン・テキャルと、身体の内底から抉り出さすかのような即興演奏が聴く者、見る者に強いインパクトを与えるコントラバス奏者の河崎純。身体を楽器の拡張として見たテキャルと、音楽の宿る源泉を身体に求めた河崎は、1年間にわたってイスタンブールと東京を行き来しながら、楽器と身体の関係を見直す作業を続けてきました。今年10月のイスタンブール初演に続き、日本公演が実現。
上演後にテキャル、河崎と、ダンス批評家の武藤大祐によるアフタートークがあります。
その他注意事項
スタッフ 照明=畠中康正

[情報提供] 2012/12/21 15:10 by Kiki Arts Project

[最終更新] 2013/01/15 07:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大