劇団四季

自由劇場(東京都)

他劇場あり:

2013/01/20 (日) ~ 2013/02/03 (日) 公演終了

上演時間:

 ある総合病院の一室。彫刻家の早田健は、半年前の交通事故で脊髄を損傷して以来、首から下が麻痺し、ベッドに寝たきりの状態となっている。指一本動かすことができず、残された能力は話すことだけ。その現実は、明晰な頭脳と鋭い感性を持つ早田にとって耐え難いものだった。

 主治医の江間博士は、意識が鈍...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/01/20 (日) ~ 2013/02/03 (日)
劇場 自由劇場
出演
脚本 ブライアン・クラーク
演出 浅利慶太
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2012/12/16
会員料金=3,500円
一般料金=4,000円
※上記の料金は消費税(5%)を含んでおります。
サイト

http://www.shiki.gr.jp/applause/inochi/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 約2時間30分(休憩を含む)


説明  ある総合病院の一室。彫刻家の早田健は、半年前の交通事故で脊髄を損傷して以来、首から下が麻痺し、ベッドに寝たきりの状態となっている。指一本動かすことができず、残された能力は話すことだけ。その現実は、明晰な頭脳と鋭い感性を持つ早田にとって耐え難いものだった。

 主治医の江間博士は、意識が鈍ることを嫌って薬の服用を拒む早田を無視して、強制的にトランキライザーを処方する。担当医の北原は、江間の立場に同調しながらも「人間には自分の意思で行動を決定する権利がある」と主張する早田の言葉に考え込む。

 一方、早田は自分の意思に反して治療を続けられることに苛立ちを募らせる。機械のように生かされ続けることより、人間らしく“死ぬ権利”を主張し、北原を困惑させるのだった。
 病室に呼ばれた弁護士の森山は、早田に「死ぬために退院したい」と告げられる。「静かに死ぬこと、それもあらん限りの尊厳を保ちながら死ぬこと」を自ら決断した早田に頼まれた森山は、江間に会うが、事故の後遺症で抑鬱状態にある患者に、自分の生死について理性的な判断は下せないと反論される。江間は早田の精神状態が健全でないことを理由に、精神衛生法に訴えて、早田を病院に拘束しようとしていた。これに対抗するべく、森山は人身保護請求を申請するよう早田に勧める。

 こうして、“死ぬ権利”を巡って仮の法廷となった早田の病室を舞台に、異例の裁判が開かれることになった 。
その他注意事項
スタッフ 作 ブライアン・クラーク
訳 新庄哲夫

潤色・演出 浅利慶太
 
照明 吉井澄雄
美術 土屋茂昭

[情報提供] 2007/07/22 04:32 by こりっち管理人

[最終更新] 2012/12/19 12:33 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大