少女仮面 公演情報 少女仮面」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.7
1-3件 / 3件中
  • 満足度★★★★

    役者さん、気合半端なし!
    お芝居の前後に、有名な、劇評家さん&大学教授(僕のゼミ教授の師匠の元同僚)と、強引ながらお話しさせていただくという、素晴らしいおまけまでついてました。

  • 満足度★★★★

    包まれる
    劇場に飲み込まれるようにして見たアングラ劇。芝居砦満天星の雰囲気すごい。アパートの地下に劇場を作って、壁一面のチラシ・劇場は作りこまれた舞台美術・満員の観客。ただただ圧倒される。唐十郎の作品も初めてだし、ビクビクしながら観劇。でも、開演すると想像以上にわかりやすいし、周りのお客さんが結構笑ってるの感じて、そ~か~、この不条理さは笑っていいんだ、繰り広げられる世界に身を委ねて物語に包まれたらいいんだとわかると楽しい。独特の世界観、でも一瞬たりとも飽きさせることのない物語、驚きの場面転換や演出も多かった。1度見ると忘れられない観劇体験だなと思いました。

  • 満足度★★★

    大鶴美仁音の成長著し
    さまざまな劇団で数多く上演されている、という意味では、唐十郎作品数々あれど、この「少女仮面」が筆頭ではないか、と思う。

    私も、ここ数年に限っても5,6回は観ている。

    ただ、ほとんどの場合、時々の演出家の手によって多少なりとも改定や省略がされている。それは仕方のないこと、というよりも当然のことだろう。


    今回の公演は、オリジナルにかなり近いと思われる。その意味で初めて「少女仮面」を観劇する人にはおススメしたい。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    今回、もっとも素晴らしいと感じたのは、貝を演じた大鶴美仁音の成長ぶりである。
    単なる可愛らしさに加え、妖しさをも醸し出していた。ま、そういう年頃になったということか(いくつだか知らないが)。


    他の面々も、所を得た芸達者を集めて手堅い舞台、という印象。


    ただ、春日野八千代を水嶋カンナ、というのは私の趣味から言えばミスキャストと思う。

    また、芝居砦・満天星を使うのは諸般の事情あるのだろうけれど、横幅・天地ともに狭すぎる。それが残念だ。

このページのQRコードです。

拡大