演劇

Touch~孤独から愛へ

0 お気に入りチラシにする

演劇

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2013/12/23 (月) ~ 2013/12/25 (水) 公演終了

上演時間:

フィラデルフィアにある下町のアパートに、ふたりの孤児の兄弟が暮らしている。
弟のフィリップは、アレルギーの発作に怯え、外出はおろか窓を開けることすらできない。
気性が荒く、自らの感情を抑えるすべを持たない兄のトリートは、 ふたりきりの生活を守るため、窃盗やかっぱらいで小銭を稼ぐ。
ある日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/23 (月) ~ 2013/12/25 (水)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 柳瀬太一、佐野準、佐藤勇太
脚本 ライル・ケスラー
演出 西垣耕造
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2013/10/15
前売3800円/当日4000円
学生3300円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月23日(月・祝)14:00
12月24日(火)19:00
12月25日(水)19:00
説明 フィラデルフィアにある下町のアパートに、ふたりの孤児の兄弟が暮らしている。
弟のフィリップは、アレルギーの発作に怯え、外出はおろか窓を開けることすらできない。
気性が荒く、自らの感情を抑えるすべを持たない兄のトリートは、 ふたりきりの生活を守るため、窃盗やかっぱらいで小銭を稼ぐ。
ある日、金品の強奪を目的に、トリートがふたりの城に連れ込んだのは、謎の男ハロルド。
彼は、この見捨てられた兄弟を“デッド・エンド・キッド(行き止まりの子ども)”と呼び、三人の生活がはじまる。

孤独な魂たちが、人を求めて寄り添い、すれ違い、また出会う。
Touch―人と触れることを通して、生きる証しを掴もうとする魂の孤児たち。
現代人たちの彷徨う魂の孤独を見つめる、風の代表作。
今年も、3カ月間の九州ツアーを経て、拠点劇場で行う凱旋公演!
その他注意事項
スタッフ 訳:小田島恒志
装置:水野統夫 音楽:八幡茂
照明:坂野貢也 効果:酒見篤志
舞台監督:佐田剛久 製作:佐藤春江
芸術監督:浅野佳成 

[情報提供] 2012/11/29 13:17 by なっち

[最終更新] 2014/01/04 01:06 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

役者・俳優 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大