劇団民藝

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2013/02/13 (水) ~ 2013/02/24 (日) 公演終了

上演時間:

 太平洋戦争末期、ミッション系の女学生たちが音楽室で空襲に遭います。女学生たちは防空壕に避難しようとするのですが、「防空壕に入っちゃダメ!」と叫ぶ女学生がいました。その女学生はよく見るとおばあちゃんでした。
 彼女は楽譜を音楽室にとりに戻ったため、一人生き残った女学生で、防空壕のなかで亡くな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/02/13 (水) ~ 2013/02/24 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 日色ともゑ、中地美佐子、齊藤尊史、平松敬綱、望月香奈、大黒谷まい、齊藤詩織、八木橋里紗、平山晴加、山田志穂、金井由妃、高木理加、田口かすみ、野田香保里、山内さとみ
脚本 工藤千夏
演出 武田弘一郎
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 6,300円
【発売日】2012/11/27
(全席指定・消費税込)
一般 6,300円
学生割引 3,150円
夜チケット 4,000円(夜公演全席)
サイト

http://www.gekidanmingei.co.jp/2013mayonaka.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  太平洋戦争末期、ミッション系の女学生たちが音楽室で空襲に遭います。女学生たちは防空壕に避難しようとするのですが、「防空壕に入っちゃダメ!」と叫ぶ女学生がいました。その女学生はよく見るとおばあちゃんでした。
 彼女は楽譜を音楽室にとりに戻ったため、一人生き残った女学生で、防空壕のなかで亡くなった友だちを助けようと、70年近いときをへてふたたびあの日に還ってきたのでした……。

 『真夜中の太陽』は、劇作家の工藤千夏さん(劇団青年団)がシンガーソングライター谷山浩子さんの同曲をモチーフに自由に創作した幻想的な物語です。2009年、10年、11年に工藤さん自身の演出によって上演を重ね、静かに戦争の悲しみを訴えましたが、このたび民藝が新たに舞台化します。
 夢と希望、楽しかったこと、つらかったこと、やり残したこと……生死と時空とを超えて生きるよろこびを語りあう少女たち――『真夜中の太陽』は、いまを精いっぱい生きる人たちへの応援歌です。

 また、2月19日の終演後には、谷山浩子さんと工藤千夏さんによるアフタートークをおこないます。音楽とお芝居とのコラボレーションによって生まれた『真夜中の太陽』の創作秘話もお楽しみに!
その他注意事項
スタッフ 原案・音楽=谷山浩子

装置……松岡 泉
照明……前田照夫
衣裳……緒方規矩子
効果……岩田直行

[情報提供] 2012/11/28 09:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/11/28 09:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大