その他

表現について考える連続講座/第六講「アートと公共性」講師に砂連尾理

〜思考のヒフ感覚〜

その他

表現について考える連続講座/第六講「アートと公共性」講師に砂連尾理

表現の糧學校

〜思考のヒフ感覚〜

アサヒ・アートスクエア

アサヒ・アートスクエア(東京都)

2012/12/05 (水) ~ 2012/12/28 (金) 公演終了

上演時間:

 表現の糧学校は、アートプロデュースを実践する前に、表現について考えるための学校です。
 前期は、《学ぶ講座》として「ジェンダー」「資本制」「公共性」といった現代社会に言及するうえで有効な三つの概念を学び、後期の《考える講座》では、芸術/アートの現場で社会と向き合っている方々をお招きし、一緒...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/05 (水) ~ 2012/12/28 (金)
劇場 アサヒ・アートスクエア
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 8,000円
【発売日】
1講座:一般1,500円/学生1,000円
3講座:一般4,200円/学生2,700円
全通し:一般8,000円/学生5,000円
サイト

http://arts-npo.org/school2012.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12 月5日(水)19:00-21:00 第一講「公共性」五野井郁夫 
12 月6日(木)19:00-21:00 第二講「ジェンダー」竹田恵子、山田創平 
12 月7日(金)19:00-21:00 第三講「資本制」渡邊太 
12 月26日(水)19:00-21:00 第四講「アートにみる家父長制」ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、芹沢高志
12 月27日(木)19:00-21:00 第五講「アートと資本制」小田マサノリ/イルコモンズ、佐藤知久
12 月28日(金)19:00-21:00 第六講「アートと公共性」砂連尾理、照屋勇賢
説明  表現の糧学校は、アートプロデュースを実践する前に、表現について考えるための学校です。
 前期は、《学ぶ講座》として「ジェンダー」「資本制」「公共性」といった現代社会に言及するうえで有効な三つの概念を学び、後期の《考える講座》では、芸術/アートの現場で社会と向き合っている方々をお招きし、一緒に考察を深めていきます。

講師=五野井郁夫、竹田恵子、山田創平、渡邊太、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、芹沢高志、小田マサノリ/イルコモンズ、佐藤知久、砂連尾理、照屋勇賢(敬称略・登壇順)
その他注意事項 ※全6回の連続講座です。1講座の受講も可能です。
スタッフ

[情報提供] 2012/11/10 13:27 by アサヒ・アートスクエア

[最終更新] 2012/11/10 13:34 by アサヒ・アートスクエア

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大