松竹

京都四條南座(京都府)

2007/09/08 (土) ~ 2007/09/25 (火) 公演終了

上演時間:

片恋

昭和30年代。祇園祭の日が、奉公人にとって最大の休日だったころ——。

京都市中京区の呉服問屋「丸福」では、上客の歌舞伎役者・九女蔵(曽我廼家八十吉)と、内儀・房江(山吹恭子)が祇園祭の話で盛り上がっている。また台所でも、女中たちは祇園さんへお詣りに行く話に夢中になっていた。そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/09/08 (土) ~ 2007/09/25 (火)
劇場 京都四條南座
出演 山村紅葉、丹羽貞仁、水谷八重子、渡辺美佐子、千草英子、曽我廼家八十吉、田口守、青柳喜伊子
脚本 北條秀司、八木隆一郎
演出 成瀬芳一、石井ふく子
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 13,650円
【発売日】2007/08/15
1等席・・・12,600円
2等席・・・7,350円
3等席・・・4,200円
特別席・・・13,650円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/0709/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 片恋

昭和30年代。祇園祭の日が、奉公人にとって最大の休日だったころ——。

京都市中京区の呉服問屋「丸福」では、上客の歌舞伎役者・九女蔵(曽我廼家八十吉)と、内儀・房江(山吹恭子)が祇園祭の話で盛り上がっている。また台所でも、女中たちは祇園さんへお詣りに行く話に夢中になっていた。その中で祭り好きのおまつ(鴫原桂)は浮かない様子。そんなおまつを見て、今年は留守番役だからだろうと、お初(山村紅葉)は当番を代わってやる約束をする。あまり祭りに興味がなく、男性にも縁のないお初であったから…。

ところが、飯炊き婆のおくら(千草英子)が手代の徳七(丹羽貞仁)からお初にと、文を渡しにやって来た。心ひそかに憧れている徳七からの祇園祭への誘い文。心躍るお初であったが…。


女の決闘

昭和20年代。教育家の娘で自身も教育婆さんの竜巻文子(渡辺美佐子)は、息子の松男(井上恭太)と共に、文子の知り合いの富子(青柳喜伊子)が女将をやっている温泉宿へとやって来た。一方、酒問屋生まれでモダン婆さんの高沢花子(水谷八重子)は孫の幸代(瀬戸摩純)と、同じ宿に湯治に来ていた。ダンスを通じて若い松男と幸代は引かれ合うようになるのだが、お婆さん同士は顔を見てびっくり! はるか昔の青春時代、二人は恋敵だったのだ。突然の再会から、思いは50年前へと遡る…。

当時、女学生の二人は番頭の瀬木(田口守)も羨む程の大の親友だったが、同じ人を好きになったことから互いに一歩も引かない争奪戦となったのだ。最後には花子の優位を知った文子が身を引き、絶交したままであった——。

時間は二人の溝を埋めてくれ、再び仲の良さを取り戻したのだが、そこで花子の意外な告白を聞くこととなる…。
その他注意事項
スタッフ 片恋

北條秀司 作
成瀬芳一 演出


女の決闘

八木隆一郎 作
石井ふく子 演出

[情報提供] 2007/08/23 13:37 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/08/23 13:40 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大