舞踊・バレエ

開座・11月アトリエ公演

「常夜燈」・第一弾

デザイン:画・岡庭 秀之

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

開座・11月アトリエ公演

「常夜燈」・第一弾

開座

開座アトリエ(東京都)

2012/11/03 (土) ~ 2012/11/05 (月) 公演終了

上演時間:

現代の浮世絵師「岡田嘉夫」の浮世絵をテキストに、
「女郎」というキーワードを念頭に、舞踏化する試み。
モダンダンサーの身体を、空間を、キャンバスに置き換えて、
身体の質感が、空間の色気が、
まるで言葉を発するように浮世絵を浮かび上がらせる。
静かなことが狂気を秘めている緊張感
熱を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/03 (土) ~ 2012/11/05 (月)
劇場 開座アトリエ
出演 竹内静香(BLU-NAZI・主宰)、岡庭秀之(開座・主宰)、伊藤啓太(コントラバス)
演出 岡庭秀之
振付 岡庭秀之
料金(1枚あたり) 2,500円 ~
【発売日】2012/10/05
前売予約・当日共、2500円
サイト

http://www.kaiza.me

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2012年11月3日(土)17時開演
     11月4日(日)17時開演
     11月5日(月)20時開演
説明 現代の浮世絵師「岡田嘉夫」の浮世絵をテキストに、
「女郎」というキーワードを念頭に、舞踏化する試み。
モダンダンサーの身体を、空間を、キャンバスに置き換えて、
身体の質感が、空間の色気が、
まるで言葉を発するように浮世絵を浮かび上がらせる。
静かなことが狂気を秘めている緊張感
熱を帯びて醒めている感覚
作舞された身体から、あぶりだされ発光している、
彼岸の舞の数々を、
ろうそく一つ一つをたどるように、吹き消すように、
消すように、握りつぶすように・・・。
温度ごと、どうぞ体感、目撃ください。




その他注意事項
スタッフ 制作      開座
宣伝美術   岡庭秀之
写真協力   大洞博靖
映像協力   Bindex
   協力   渡部みか
         貞森裕児

[情報提供] 2012/11/06 13:59 by 開座

[最終更新] 2012/11/06 14:25 by 開座

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大