あの山の稜線が崩れてゆく

0 お気に入りチラシにする

城山羊の会

こまばアゴラ劇場(東京都)

2012/11/29 (木) ~ 2012/12/11 (火) 公演終了

上演時間:

【あの山の稜線が崩れてゆく】 

戦前に流行った古いドイツの山岳映画のようなタイトルですが、別に山はでてきません。
ただ、その男は、まるで山に登るかのように、女性を征服しようとする。女性はその時から自分を山だと思うので、ちゃんと登山のマナーだけは守ってほしいと思うわけです。例えば、挨拶を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/29 (木) ~ 2012/12/11 (火)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 石橋けい、古屋隆太(青年団・サンプル)、岡部たかし、永井若葉(ハイバイ)、本村壮平、岸井ゆきの、猪野学
脚本 山内ケンジ(青年団の山内健司さんとは別人の)
演出 山内ケンジ(青年団の山内健司さんとは別人の)
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,700円
【発売日】
全席自由席・日時指定・整理番号付
前売:3,200円/当日:3,700円
サイト

http://shiroyaginokai.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あの山の稜線が崩れてゆく】 

戦前に流行った古いドイツの山岳映画のようなタイトルですが、別に山はでてきません。
ただ、その男は、まるで山に登るかのように、女性を征服しようとする。女性はその時から自分を山だと思うので、ちゃんと登山のマナーだけは守ってほしいと思うわけです。例えば、挨拶をする。登りが優先される、ゴミは持ち帰る、どんな時でも助け合う、等等。しかし、男はそんなことは、どうでもいいと思う。ただ、登るだけだ。なぜか?そこに山があるから。などと、有名な言葉を言うのではなくして、さらにありきたりなこんなことを言う、「山がオレを呼んでいるんだ」
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:浅井裕子・森下紀彦/照明:佐藤啓/音響:藤平美保子
舞台美術:杉山至/衣裳:加藤和恵・平野里子
宣伝美術:螢光TOKYO+DESIGN BOY/イラスト:コーロキキョーコ
制作プロデューサー:城島和加乃(E-Pin企画)
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
製作:城山羊の会

[情報提供] 2012/10/30 07:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/10 11:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大