演劇

小宮孝泰ひとり芝居vol.3

先代

デザイン:市川きよあき

0 お気に入りチラシにする

演劇

小宮孝泰ひとり芝居vol.3

先代

劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)

小劇場 楽園(東京都)

2013/01/22 (火) ~ 2013/01/27 (日) 公演終了

休演日:http://ameblo.jp/komiya-hitori/

上演時間:

「え、師匠の名前を、このアタシに?」口には出せぬが、ありがた迷惑。
継ぐ者、継がせる者、絡まりながら転がって人間みんなが転がって・・・。


ひとり芝居をライフワークに高い評価を得ている小宮孝泰のひとり芝居第3作目。今回は、小宮が学生時代から取り組み、最近はプロの噺家さんとの共演高座...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/01/22 (火) ~ 2013/01/27 (日)
劇場 小劇場 楽園
出演 小宮孝泰
脚本 中島淳彦
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】2012/11/17
前売り3000円
当日3300円
サイト

http://ameblo.jp/komiya-hitori/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月22日(火)19:00
1月23日(水)19:00
1月24日(木)14:00・19:00
1月25日(金)19:00
1月26日(土)14:00・18:00
1月27日(日)14:00
説明 「え、師匠の名前を、このアタシに?」口には出せぬが、ありがた迷惑。
継ぐ者、継がせる者、絡まりながら転がって人間みんなが転がって・・・。


ひとり芝居をライフワークに高い評価を得ている小宮孝泰のひとり芝居第3作目。今回は、小宮が学生時代から取り組み、最近はプロの噺家さんとの共演高座も多い”落語”に特化します。中でも伝統芸能の色が濃い古典落語の世界に挑みます。小宮のこれまでの一人芝居と同様に、男の仕事と誇りをテーマにします。
第1作目の「接見」は、国選弁護士だけを演じることで、一人芝居の創造と想像力の世界に挑み、その悲哀を過不足なく表現しました。第2作の「線路は続くよどこまでも」は、30人以上の役を一人で演じ、小宮の実父の朝鮮鉄道引き揚げの体験を基に、引き裂かれてしまう人間たちの多彩な実像に肉薄しました。
そして今回は、少人数の人間を明確に演じ分けることで、新たな一人芝居の世界を構築します。
時代は作・演出の中島淳彦氏の得意な昭和に設定。乞うご期待!
その他注意事項
スタッフ 美術 松野潤
照明 五十嵐正夫
音響 水谷雄治
舞台監督 岩崎健一郎
イラスト 久原大河
宣伝美術 市川きよあき
制作 鈴木庸子・山下貴代美
主催 スーパーエキセントリックシアター

[情報提供] 2012/10/29 11:59 by yoko

[最終更新] 2013/11/10 12:03 by yoko

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

lau*hs*a96

lau*hs*a96(0)

私も携わっています。宜しくお願い致します。

yoko

yoko(0)

制作

制作です。よろしくお願いします

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大