演劇

もりげき八時の芝居小屋第126回

亡霊 -釜石艦砲射撃余録-

八時の芝居小屋制作委員会

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2012/10/27 (土) ~ 2012/10/28 (日) 公演終了

上演時間:

【概要】(チラシより抜粋)

昭和20年7月14日正午、米国による釜石艦砲射撃が開始された。

射撃の的は、釜石製鉄所にしぼられていたが、その途上に嬉石町民の避難先である防空壕が掘られていた。

その防空壕の中に75名もの老若男女が息をひそめていたのである。

16イン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/27 (土) ~ 2012/10/28 (日)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 川畑安彦
脚本
演出
料金(1枚あたり) 800円 ~ 5,000円
【発売日】
料金:前売1,000円 当日1,200円
   m-フレンズ料金800円(前売のみ)
   共通回数券7枚綴り5,000円
サイト

http://www.8siba.com/公演情報/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2012年10月27日(土)開場18:30 開演19:00
           28日(日)開場13:30 開演14:00

◆(注意)通常の八時の芝居小屋とは開演時間が異なります◆
説明 【概要】(チラシより抜粋)

昭和20年7月14日正午、米国による釜石艦砲射撃が開始された。

射撃の的は、釜石製鉄所にしぼられていたが、その途上に嬉石町民の避難先である防空壕が掘られていた。

その防空壕の中に75名もの老若男女が息をひそめていたのである。

16インチの砲弾が炸裂した瞬間、想像を超える音響に絶句した。

不運にも入り口に着弾命中したのである。

壕内は、真っ暗になり、息苦しくなる一方、時間は、五分、十分と経過していく−

その中で、何が起こったのであろうか。



【語り芸 川畑安彦 プロフィール】(チラシより抜粋)

昭和13年8月15日釜石に生まれる。同36年3月東洋大学文学部国文学科卒業後、教職につく。

平成13・14・15年度甲子公民館長として勤務の傍ら「源氏物語」「方丈記」「徒然草」等講義。もりげき八時の芝居小屋では、平成17年10月15日に「平家物語 俊寛」、同20年10月9日に「野に咲くツユ草の花」を盛岡劇場で上演、今回の「亡霊−釜石艦砲射撃余録−」で3度目となる。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/10/26 16:08 by いな

[最終更新] 2012/10/27 09:15 by いな

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ACTま

ACTま(162)

脚本 演出 演出助手 照明 舞台監督

プロとして照明を請け負っています。 作品がいいので、...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大