その他

旧安田邸公演 語りと和楽

芥川龍之介生誕120年に寄せて

『奉教人の死』

0 お気に入りチラシにする

その他

旧安田邸公演 語りと和楽

『奉教人の死』

芥川龍之介生誕120年に寄せて

語りと和楽の芸人衆 かたりと

東京都指定名勝 旧安田楠雄邸(東京都)

2012/12/01 (土) ~ 2012/12/01 (土) 公演終了

上演時間:

旧安田邸にも程近い田端の地は、かつて、芥川龍之介を始め、多くの文豪や芸術家が暮らし、田端文士村と呼ばれた。近年の区画整理で、木造建築ポプラ坂荘がなくなり、近代陶芸の先覚者・板谷波山の旧邸と工房跡も姿を消した。旧安田邸が建てられた前年に発表された芥川の名作を、語りと和楽で皆様とともに味わい、薄れ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/01 (土) ~ 2012/12/01 (土)
劇場 東京都指定名勝 旧安田楠雄邸
出演 語り:北原久仁香、箏:山田雅生
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~
【発売日】
(維持修復協力金を含む)
要予約・定員50名
サイト

http://katarito.blog108.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 17:00
19:00

開演は、30分前です。
説明 旧安田邸にも程近い田端の地は、かつて、芥川龍之介を始め、多くの文豪や芸術家が暮らし、田端文士村と呼ばれた。近年の区画整理で、木造建築ポプラ坂荘がなくなり、近代陶芸の先覚者・板谷波山の旧邸と工房跡も姿を消した。旧安田邸が建てられた前年に発表された芥川の名作を、語りと和楽で皆様とともに味わい、薄れゆく田端文士村の面影を追う。

『奉教人の死』
殉教者の心情や、東西の異質な文化の接触と融和という課題に興味を覚えた芥川が開拓した、近代文学の新分野“切支丹物”のひとつ。文禄・慶長ごろの口語文体にならったスタイルで書かれた、若く美しく信仰篤い切支丹奉教人の、哀しくも感動的な終焉を格調高く綴った名作。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/10/22 22:13 by katarito

[最終更新] 2012/10/22 22:15 by katarito

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大