演劇

紀伊国屋書店提携 平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業 平成19年度文化庁芸術祭参加公演

演劇

紀伊国屋書店提携 平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業 平成19年度文化庁芸術祭参加公演

白バラの祈り ‐ゾフィー・ショル、最後の日々‐

劇団民藝

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2007/10/12 (金) ~ 2007/10/24 (水) 公演終了

上演時間:

2005年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。昨年、日本でも公開された同名映画「白バラの祈り ‐ゾフィー・ショル、最後の日々‐ 」と、同じ史実を基にした舞台です。映画と舞台は別々の作者によるもので、ストーリー展開も異なっていますが、映画に先んじて創られた舞台版は、1991年にカリフォルニア・サン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/12 (金) ~ 2007/10/24 (水)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 桜井明美、西川明、三浦威
脚本 リリアン・グローグ、吉原豊司
演出 高橋清祐
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 6,300円
【発売日】2007/08/22
一般6,300円/学生3,150円(全席指定・消費税込)
ナイトチケット4,000円(夜公演のみ、後部席限定)
サイト

http://blog.butai-butai.com/archives/51052653.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2005年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。昨年、日本でも公開された同名映画「白バラの祈り ‐ゾフィー・ショル、最後の日々‐ 」と、同じ史実を基にした舞台です。映画と舞台は別々の作者によるもので、ストーリー展開も異なっていますが、映画に先んじて創られた舞台版は、1991年にカリフォルニア・サンディエゴにて初演。その後ブロードウェイおよび北米全土で上演され、本公演が日本初演となります。

第二次世界大戦中のドイツでナチスの暴政に反旗を翻したミュンヘン大学の学生グループ。彼らは同じドイツ人でありながら、ナチ政権を倒すために「白バラ」と記された過激な反戦ビラを秘密裏に配布します。1943年、ついにゲシュタポに逮捕された学生たちの尋問にあたるモーアは、若い女性・ゾフィーに偽りの告白をさせようとします。しかし彼女は敢然と拒否するのでした・・・。
その他注意事項
スタッフ 【装置】深川絵美
【照明】尾藤俊治
【衣裳】金田正子
【効果】岩田直行
【舞台監督】内田喜三男

[情報提供] 2007/08/21 15:59 by kite

[最終更新] 2007/10/19 00:06 by kite

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

kite

kite(11)

ゲシュタポです。

このページのQRコードです。

拡大