オーラルメソッド2 公演情報 オーラルメソッド2」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.9
1-16件 / 16件中
  • 満足度★★

    期待はずれ
    これまでに本公演二本を観て当たりだと感じての
    ギャラリー公演だったのでとても期待して観に行ったのですが、
    何が面白いのか考え直してしまいました。
    とりあえずオーラルメソッドで劇団ネタっぽいのを
    観られたので☆2つにしてみますが、
    やはり空間の大きさの違いなのか何なのか
    面白く感じれなかった今回の作品。
    少なくとももう一本は今後、
    本公演に期待を込めて観に行って
    みたいと思います。

  • 20121110
    (^・ェ・^)はいけんしました

  • 満足度★★★★

    観た
    映画「ダージリン急行」を知らなかったが、狭い空間と最小限のセットなのにインドと母親の大きさが表現されてとても面白かった。
    『オーラルメソッド』 は、ゆで卵が素敵。

  • 満足度★★★★

    スピリチュアル
    ダーリン急行は男子3人、オーラルメソッドは女子3人がメインのストーリー、その対比と、台詞のシンクロとリフレインが印象に残りました。あと、作品の内容がだんだんスピリチュアルな方向に進んでいっているように感じました。

  • 満足度★★★★

    2本立て
    「ダージリン急行」のつかみどころのない面白さがよかった。
    前の「少女教育」でみられた急に音楽が鳴ってのダンス、これに似た演出も笑えた。

    「オーラルメソッド」の劇団パロディ的なところも楽しめたし、ゆでたまごに視線くぎづけです。

  • 満足度★★★★

    濃いです!
    どっちもイイです。面白い。これがシンクロ少女なのですね。
    せめてゲネの写真でも残しておいて欲しかった。
    また他の作品も観てみたいです。

  • 満足度★★★

    ぶっ飛んだ母の描写が面白かった
    新作短編(ダージリン急行とオーラルメソッド)の二本立。とても面白かった。


    私は「ダージリン急行」の方が、断然好きである。


    ≪余談≫
    先日観た、ふつつかもの公演『母をたずねて三人で』のアフタートークでゲストが、映画「ダージリン急行」とのあらすじの共通性について語っていた。

    http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=165526

    今回の作品は、ストーリー的には、映画と同じであれば、たしかに『母をたずねて~』も似たような話ではある。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    【ダージリン急行】
    3人の兄弟が、20年前、家を出て、いまはインドにいるという母を訪ねる旅にでる、という話。

    母に会ってからのくだりが面白い。

    そして、母を演じた坊園初菜が、とてもいい。


    【オーラルメソッド】

    こちらは、どうっというほどのものでもない作品。

    カールズトークと、3組のカップルの会話で成り立っているが、まあ、だいたいあんな感じでしょう、という「ほぼリアル」な描写。

    私は、もっと「ドラマ」がみたい。

  • 満足度★★★★★

    エロおもしろかった。
    いやもうなんともいえないエロスが頭に残ってしまいまして・・・
    困ったもんです。

    けれど、そのエロい感じを真面目に演じられると、それが真面目であればあるほどなんだか笑えて仕方がなかったです。

    つまりはエロおもしろかったです。
    エロ可愛い的な感じです。

    そういえばある人が「すべての喜劇は悲劇の裏返しである」ってなことを言ってましたが、つまり人の不幸は大抵が喜劇になりうると、小さなことで言えばバナナの皮で滑って転ぶという喜劇的な出来事だって転んだ本人にしてみれば悲劇以外のなにものでもないって話ですが・・・

    おんなじような話で、エロの裏側にどうしようもない喜劇を感じとりました。

    まぁ、二本目がそれなんですが、一本目にしても一生懸命にやる歌と踊りがどうしようもなく笑いにつながっていた気がしますが、誰も笑っていなかったので慎みました。

    ネタバレBOX

    クイーンのボヘミアンラプソディ・・・大好きな曲ですが、いまいち英語がわかっていない演者の方がいて残念でした。

    くちゃくちゃと音を立てる食べ方、五本の指に分かれた靴下、パンダの絵、それに胸元のエッチな感じが気になって仕方が無かったです。

    メタファーという言葉は、こちらの劇団のおかげで覚えました。
  • 満足度★★★★★

    お見事!
     いやー、これは面白かった。

     15人ほどで満杯となる超極小スペースで、至近距離からシンクロ少女らしい刺激的で密度の濃い舞台を存分に堪能させてもらって大満足。

     私個人的には、55分間の「ダージリン急行」がまずアペリティフで、続く30分間の「オーラルメソッド2」の方が時間は短くてもメインディッシュのような趣きだった。でもって、特に「オーラルメソッド2」は物語の進行自体もシンクロで秀逸の面白さだった。

     繰り返すが、いやー、これは面白かった。

    ネタバレBOX

     15日まで続く公演。これはネタバレしようかと思いましたが、やめました。

     何故って? これは、ぜひ至近距離からの実際の観劇で面白さを味わってほしいからです。

     名嘉さんの作・演出のセンスの良さ、刺激性の魅力をあらためて感じたほか、名嘉さんはじめ、泉政宏、横手慎太郎、浅井浩介、浅川薫理、坊薗初菜の出演陣の演技も皆はまっていて、質感も抜群。当日券狙いでも、ぜひ観た方がお得と思います。
  • 満足度★★★★★

    間近でシンクロ三昧
    ダージリン急行は兄弟の濃密な会話劇が観ていて楽しい。かつ悟りがひらけそう笑 

    オーラルはシンクロの裏を覗いてるようで面白い!そして最後にそうくるとは!!! 
    シンクロらしく独創的で刺激的◎

  • 満足度★★★★★

    2本ともに凄くイイ
    1本目は、ヨーロッパの香りのするティストで痛いけど、構成がおしゃれな感じ。母親を慕う男3兄弟の物語。

    2本目は、3人の女子会から始まり、それぞれの彼氏との3様なカップルの事情を映す。茹卵のヤツが、色っぽく、----、で見ごたえあり。

  • 満足度★★★

    女性
    女性的な作品だなあと思いました。劇場でやったらどうなるんだろうと思いました。本公演観てみたいです。

  • 満足度★★★★

    みた
    表題作をみたあとで、題名のうまさに気付かされた。
    芝居という単語を意訳すると、そのひとつはこうなるんだろうと思う。

    作品二本はそれぞれ好みが分かれると思った。ただ、会場は駅の目の前だし、チケット代も手頃だから、本公演前の味見としてちょうどいいと思う。

  • 満足度★★★★

    オーラルメソッド
    こういう私小説的な話は、どこまでがホントで、どこまでが作り物か考えるとぐるぐるします。役者さんってスゲーなって思います。
    個人的にはあまり好きな作風ではないと思うのだけど
    観終わった後、人恋しい気持ちにさせられるのは、自分が強く心を動かされた、ということなのだろう。

  • 満足度★★★★

    役名が
    ”よこちん”というだけで胸がいっぱいになりました。僕ももっとやんちゃしとけばよかったと身につまされました。

  • 満足度★★★

    ふたつの癒し系の会話劇だった95分
    インド風な会話劇と三組のカップルが登場し同時進行型の会話劇ながらも表現がよく、狭いイベントスペースでもお客さんが少なくても安心したギャラリー演劇でした。

このページのQRコードです。

拡大