演劇

EVENT-STATION. Sta,22

屍螢

ShikabaneHotaru

EVENT-STATION.

やわらぎ会館(奈良県)

2012/11/22 (木) ~ 2012/11/24 (土) 公演終了

上演時間:

二律背反

その理の中に其れは在る
赤い光を放つ蟲(むし) それを見た者は奈落へと誘われると言う
人々は恐れ 屍蛍(しかばねほたる)と呼んだ

それは兆し

天正13年
秀吉が関白となったその年

和州の国(現在の奈良県)

黒く虚ろな剣を翳(かざ)し その男は現れる...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/22 (木) ~ 2012/11/24 (土)
劇場 やわらぎ会館
出演 山崎裕斗、中村恵、北和輝
脚本 山崎裕斗
演出 山崎裕斗
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 0円
【発売日】
一般1000円、中高生500円、小学生以下及び65歳以上無料
サイト

http://www.geocities.jp/event_station/sikabane.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月22日(木)18時~
11月23日(金・祝)13時~/18時~
11月24日(土)12時~/17時~
説明 二律背反

その理の中に其れは在る
赤い光を放つ蟲(むし) それを見た者は奈落へと誘われると言う
人々は恐れ 屍蛍(しかばねほたる)と呼んだ

それは兆し

天正13年
秀吉が関白となったその年

和州の国(現在の奈良県)

黒く虚ろな剣を翳(かざ)し その男は現れる
名を夜刀神(やとのかみ)
悪逆無道な力を持って妖怪(あやかし)を束ねたその荒神は次々に民を殺めていった
四方を山に囲まれた和州の国は血で汚れ深い霧で覆い隠された
この国は妖怪妖魔の国になろうとしていた
民はただ死を待つばかりだった

一人の流浪人がこの地に足を踏み入れる
その男が振るう剣は妖怪に勝り 僅かだが未来を明るくした


屍蛍が お前を呼んでいる。


丁丁発止の火花と共に 妖怪との戦いが幕を開ける
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/10/12 18:24 by EVENT-STATION.

[最終更新] 2012/10/12 18:25 by EVENT-STATION.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

粟生あきら

粟生あきら(0)

必死に衣装を作ってました。 手伝ってくれたキャストに...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大