ミュージカル

コピスみよしオリジナルミュージカル

カーソル

三芳町文化会館コピスみよし

コピスみよし(埼玉県)

2007/08/25 (土) ~ 2007/08/26 (日) 公演終了

上演時間:

復元された某寺子屋に社会科見学に来た、小学校の1クラスと中学校の1クラスがかち合う。小学生の担任の清文と中学生の担任の由美は、小学生の頃からの友達。もう一人仲のいい悟郎という友達がいて、悟郎は芋農家である。悟郎は由美が大好きでたまらない。けれど、気持ちを伝えることができないでいる。
 悟郎が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/08/25 (土) ~ 2007/08/26 (日)
劇場 コピスみよし
出演 三芳町の地元のこどもと大人
作曲 池辺晋一郎
脚本 平石耕一
演出 平石耕一
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,500円
【発売日】2007/05/15
一般/1,500円 学生/1,000円 中学生以下/500円
車イス・介助席/1,000円 
サイト

http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/study/coppice/ka-saru.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 復元された某寺子屋に社会科見学に来た、小学校の1クラスと中学校の1クラスがかち合う。小学生の担任の清文と中学生の担任の由美は、小学生の頃からの友達。もう一人仲のいい悟郎という友達がいて、悟郎は芋農家である。悟郎は由美が大好きでたまらない。けれど、気持ちを伝えることができないでいる。
 悟郎がふかした芋を持ってやってくる。みんな悟郎の差し入れに喜んでいるところ突然の夕立。寺子屋の中に避難する。夕立はどんどんひどくなって、ほとんど嵐のようになる。
 寺子屋の納戸の中に不思議な仮面や衣装などが出てくる。清文が、それらを使って物語る。それは江戸時代の寺子屋と未来の三芳町の映画スタジオを行ったり来たりする、不思議な物語。嵐が強まるのと並行して、お話は悟郎と由美の恋の話に変わっていく。
その他注意事項
スタッフ 音楽監督    宮本哲朗
振り付け    小川こういち
プロデューサー 佐藤文雄

美術      内山 勉
仮面      浜本義行
照明      横田元一郎
衣裳      山田靖子
音響・効果   中嶋直勝
舞台監督    中杉雄一

演奏

演出助手    中島涼香・武智 綾
音楽助手    日高哲英・小山隼平
練習ピアノ   浜中かおり
宣伝美術    亀山まき
舞台監督助手  石渡 孝・山梨信次 
照明操作    ライティング・ユニオン
音響操作
大道具     シー・コム
小道具     グループ演劇工房
衣裳      田口乃梨子・池田順子


舞台写真
ビデオ撮影
協力      劇団銅鑼

主催 コピスみよし
製作 オリジナルミュージカル製作委員会

[情報提供] 2007/08/18 16:01 by コピスみよし

[最終更新] 2007/08/26 11:33 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大