演劇

同志社小劇場10月引退公演

近代能楽集~弱法師~(作・三島由紀夫)

0 お気に入りチラシにする

演劇

同志社小劇場10月引退公演

近代能楽集~弱法師~(作・三島由紀夫)

同志社小劇場

同志社大学 新町キャンパス学生会館別館小ホール(京都府)

2012/10/12 (金) ~ 2012/10/14 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

時は晩夏、家庭裁判所の一室。

東京大空襲の時に、炎で目を焼かれ、光も両親も失った5歳の少年、俊徳。そんな彼を、川島夫妻は引き取り、蝶よ花よと育て上げた。

それから15年後、俊徳の実の両親の高安夫妻が現れ、家庭裁判所で調停委員の桜間級子を挟んで、彼の親権をめぐり、高安夫妻と川島夫妻と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/12 (金) ~ 2012/10/14 (日)
劇場 同志社大学 新町キャンパス学生会館別館小ホール
出演 長南洸生、フラペチーノ・抹茶ん、Mrトム、メープル・チュロス、ちぇるしー、パラダイス伝説
脚本 三島由紀夫
演出 吉見拓馬
料金(1枚あたり) 300円 ~ 800円
【発売日】2012/10/07
当日券800円

前売券600円

39チケット900円(こちらの料金で三人ご覧いただけます)

前売りは予約の形式で受付させていただきます。

同志社小劇場のTwitterアカウント(Dshogeki)にリプライかダイレクトメールを送信していただくか、下記のアドレスにお名前・予約チケット枚数・観劇日時を添えてメールを送信してください。

shogeki@hotmail.co.jp
サイト

https://twitter.com/Dshogeki

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月12日(金) 14:00
10月13日(土) 14::00/18:00
10月14日(日) 14:00

上演時間は約40分を予定しております。
説明 時は晩夏、家庭裁判所の一室。

東京大空襲の時に、炎で目を焼かれ、光も両親も失った5歳の少年、俊徳。そんな彼を、川島夫妻は引き取り、蝶よ花よと育て上げた。

それから15年後、俊徳の実の両親の高安夫妻が現れ、家庭裁判所で調停委員の桜間級子を挟んで、彼の親権をめぐり、高安夫妻と川島夫妻とで話し合いが持たれていた。

高安夫妻は15年間、俊徳を思わない日はなかったと懇願する高安夫妻に対し、川島夫妻はそれを聞き入れず、話は平行線をたどる。
そこへ級子が俊徳を連れてくる。
俊徳は、人も世界も受け入れない固い殻に閉じこもり、二組の両親を嘲る。

俊徳は級子に言う。「養い親たちはもう奴隷ですよ。生みの親たちは救いがたい莫迦だ。」「みんな僕をどうしようというんだろう。僕には形なんかなにもないのに。」

級子が美しい夕映えに感嘆の声を上げると、俊徳は、炎に目を灼枯れたときに見た「この世のおわりの景色」の幻影に襲われる……。

三島によって書かれた戯曲は、華麗で美しいレトリックに彩られたセリフのみで構成され、ほとんどト書きもなく、場所指定もつまらない指定がひとつ。

戯曲を読んだだけでは想像できないような「弱法師」になること請け合いです。ぜひ、おこしください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/10/08 11:49 by 同志社小劇場

[最終更新] 2012/10/13 23:46 by 同志社小劇場

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大