演劇

劇團チョコリンゴ第3回公演

(同時上演:アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」)」

生きてこそ

デザイン:鳴海なのか

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇團チョコリンゴ第3回公演

生きてこそ

(同時上演:アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」)」

劇團チョコリンゴ

新宿・白萩ホール(東京都)

2012/02/02 (木) ~ 2012/02/05 (日) 公演終了

上演時間:

太平洋戦争終焉間際の昭和20年8月15日、満州。関東軍諸部隊は、不可侵条約を破棄して侵攻してきたソ連軍を阻止するべく死闘を展開していた。そんな中、密命を帯びた3名の陸軍兵士と従軍看護婦が、山中にひっそりと佇む廃屋にやってきた。しかし、この廃屋には既に3名の慰安婦が先客として屯していたばかりか、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/02 (木) ~ 2012/02/05 (日)
劇場 新宿・白萩ホール
出演 風祭鈴音、坂中久志、宮澤遼平、柴野祐弥、佐々木隼世、新尉ジン、鳴海なのか
脚本 神佑輔
演出 神佑輔
料金(1枚あたり) 2,000円 ~
【発売日】
前売・当日ともに 2,000円
サイト

http://kodawari.syncl.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 太平洋戦争終焉間際の昭和20年8月15日、満州。関東軍諸部隊は、不可侵条約を破棄して侵攻してきたソ連軍を阻止するべく死闘を展開していた。そんな中、密命を帯びた3名の陸軍兵士と従軍看護婦が、山中にひっそりと佇む廃屋にやってきた。しかし、この廃屋には既に3名の慰安婦が先客として屯していたばかりか、今や馬賊と化した4名の脱走兵も隠れ家として利用していた。果たして、この廃屋に集った面々はどのような関係を持ち、はたまた現役の兵士たちが与えられた密命とは何か?この四者によって繰り広げられる戦争サスペンスを軸に、物語は意外な局面に展開するのだが・・・。
その他注意事項
スタッフ ●デザイン・制作…鳴海なのか

[情報提供] 2012/09/15 09:18 by 鳴海なのか

[最終更新] 2012/09/15 09:19 by 鳴海なのか

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

鳴海なのか

鳴海なのか(0)

一度出演させていただいて、いつかもう一度出たいと思って...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大