演劇

劇團コダワリ第2回公演

バーチャル社員

劇團チョコリンゴ

新宿・白萩ホール(東京都)

2011/08/11 (木) ~ 2011/08/14 (日) 公演終了

上演時間:

家庭維持に追われるサラリーマン、タナカムツオの前に、ある日「映画監督」と名乗る人物が現れ、「今日で撮影が終った。サラリーマン役、お疲れ様」と告げられる。 本人は、周囲すべてがバーチャルであったこと、妻アサコの愛情までが撮影用と知って、パニックとなるが、ドタバタの果てに、生き方の意味を見いだして...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/11 (木) ~ 2011/08/14 (日)
劇場 新宿・白萩ホール
出演 小沼努、鳴海なのか、真杉亜希子、尾崎卓也、山口茉鈴、勝俣英明、相奈まい、児玉五月、芳尾孝子、和沙with(pまほろばq)
脚本 清水境一、神佑輔
演出 神佑輔
料金(1枚あたり) 2,000円 ~
【発売日】
前売・当日ともに 2,000円
サイト

http://kodawari.syncl.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 家庭維持に追われるサラリーマン、タナカムツオの前に、ある日「映画監督」と名乗る人物が現れ、「今日で撮影が終った。サラリーマン役、お疲れ様」と告げられる。 本人は、周囲すべてがバーチャルであったこと、妻アサコの愛情までが撮影用と知って、パニックとなるが、ドタバタの果てに、生き方の意味を見いだしていく
その他注意事項
スタッフ ●原作…有馬譲
●チラシデザイン・制作…鳴海なのか

[情報提供] 2012/09/15 09:00 by 鳴海なのか

[最終更新] 2012/09/15 09:03 by 鳴海なのか

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

鳴海なのか

鳴海なのか(0)

不思議なお話です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大