ミュージカル

東宝

北國新聞赤羽ホール(石川県)

他劇場あり:

2012/11/07 (水) ~ 2012/11/08 (木) 公演終了

上演時間:

【公演紹介】
大好評を博した'09年の「蜘蛛の巣」、'10年の「検察側の証人」に続き、今回が第三弾となる浅丘ルリ子主演のアガサ・クリスティーシリーズ。
史上最高のベストセラー作家と言われたアガサの作品の中でも、最も人気の高い戯曲のひとつです。
感動の人間ドラマに込められた、ミステリーの女...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/07 (水) ~ 2012/11/08 (木)
劇場 北國新聞赤羽ホール
出演 浅丘ルリ子、古谷一行、安奈淳、石井一孝、川﨑麻世、不破万作、斉藤暁、原田優一
作曲 窪田ミナ
脚本 アガサ・クリスティー
演出 星田良子
料金(1枚あたり) 6,200円 ~ 8,300円
【発売日】2012/09/06
S席指定7,800円〈友の会会員〉7,000円
A席指定7,000円〈友の会会員〉6,200円
当日各500円増し
サイト

http://www.t1010.jp/html/calender/2012/207/207.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月7日(水)【開演】午後6時半【開場】午後6時
11月8日(木)【開演】午後1時【開場】午後零時半
説明 【公演紹介】
大好評を博した'09年の「蜘蛛の巣」、'10年の「検察側の証人」に続き、今回が第三弾となる浅丘ルリ子主演のアガサ・クリスティーシリーズ。
史上最高のベストセラー作家と言われたアガサの作品の中でも、最も人気の高い戯曲のひとつです。
感動の人間ドラマに込められた、ミステリーの女王ならではのスリリングな展開に、最後まで目が離せません。
豪華キャストが集結してお贈りする、最高傑作の舞台をお楽しみください。

【あらすじ】
ブルストル海峡の霧が立ち込める深夜。車が溝にはまり込んで立ち往生した男が、助けを求めてウォリック邸の書斎に入ってきた。そこで男が目にしたものは、頭を撃たれて車椅子に座ったまま死んでいる男と、手にはリボルバーを持った美しい女であった。
男は警察へ通報する前に女から話を聞くことにした。死体はこの邸の主人リチャード・ウォリックで、女性は妻のローラと名乗り、自分が夫を射殺したのだと言い張った。そして書斎に入ってきた男も、石油会社に勤める技師マイクル・スタークウェッダーと自己紹介し、やがて思いがけないことを言い始めた。ローラを犯人にしないために、第三者に殺されたように見せかけようではないかと。
確かにリチャードは性格に問題のある男だった。彼を憎んでいる人間は多く、リチャードに子供を轢き殺されて恨みを持っている人間もいるという。殺人の動機があるのは遺産相続者の妻ローラだけではない。そこでマイクルは脅迫状を作ったり、グラスの指紋を消したりと、さまざまな工作を始めたのだ。やがてマイクルは消え、ローラは「夫が撃たれて死んでいる」と警察に通報する。
数時間後、キャドワラダー部長刑事とトマス警部が屋敷に駆けつける。リチャードの異母弟ジャン・ウォリック、リチャードの看護婦ミス・ベネット、リチャードの従僕ヘンリー・エンジェル、そしてマイクル・スタークウェッダー。殺害当日の屋敷への来客はマイクル以外になく、キャドワラダー部長刑事は現場に残された指紋から、リチャードに子供を轢き殺されたマクレガーを犯人と睨むが……犯人はいかに?

謎が謎を呼ぶ、アガサ・クリスティーならではの大ドンデン返し。

……みんな怪しい。
その他注意事項
スタッフ 翻   訳:中島アニータ・さくら
上演台本・演出:星田良子
装   置:荒川淳彦
照   明:中川隆一
衣   裳:山本基代志
音   響:山本能久
音   楽:窪田ミナ
ヘアーデザイン:宮内宏明
演出助手:岡本栄策
舞台監督:望月康彦
制作助手:渡邊 隆
制   作:田中利尚
製   作:東宝
主   催:足立区シアター1010指定管理者

[情報提供] 2012/08/27 21:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/11/18 05:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大