舞踊・バレエ

ダンストリエンナーレトーキョー2012

伊藤千枝/珍しいキノコ舞踊団『3mmくらいズレてる部屋』

ダンストリエンナーレトーキョー

スパイラルホール(東京都)

2012/09/27 (木) ~ 2012/09/29 (土) 公演終了

上演時間:

寓意へ滑空する部屋
『3㎜くらいズレてる部屋』は、確実にもっとズレている。舞台に置かれたテーブルの脚は片方が明らかに30㎝ほど足りないのだ。そのことがこの部屋で起こるだろうことをあらかじめ暗示している。ズレていることでこの空間は日常性を徐々に喪失し、寓意やもうひとつの時間へと滑り落ちていく。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/27 (木) ~ 2012/09/29 (土)
劇場 スパイラルホール
出演 伊藤千枝、山田郷美、篠崎芽美、茶木真由美、梶原未由
演出 伊藤千枝
振付 伊藤千枝
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】
前売 3,800円(当日 4,300円)
学生 2,500円
サイト

http://datto.jp/artist-strange-kinoko

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 寓意へ滑空する部屋
『3㎜くらいズレてる部屋』は、確実にもっとズレている。舞台に置かれたテーブルの脚は片方が明らかに30㎝ほど足りないのだ。そのことがこの部屋で起こるだろうことをあらかじめ暗示している。ズレていることでこの空間は日常性を徐々に喪失し、寓意やもうひとつの時間へと滑り落ちていく。ズルズル、グルグル、ゴロゴロ、ヒラヒラ、仕事は遊びに変容し、動作はダンスに転化する。キャロルのコケットリーなアリスのように、バルティスの妖怪な少女のように。アセロラドリンクを飲みながら見ると、さらにもっとメクルめく世界になるだろう。(榎本了壱/クリエイティブ・ディレクター)
その他注意事項
スタッフ 演出補:小山洋子
振付協力:珍しいキノコ舞踊団
美 術:Justin Caleo

照明プラン:関口裕二(balance, Inc. DESIGN)
音響:牛川紀政
楽曲提供:ammakasie noka
制作:大桶 真、八田朋子

助成:公益財団法人セゾン文化財団

[情報提供] 2012/08/27 11:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/08 19:39 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大