演劇

明治座140周年記念公演

坂本冬美 藤あや子

明治座

明治座(東京都)

2012/09/01 (土) ~ 2012/09/27 (木) 公演終了

上演時間:

一、おさんとおしの
原作:山本周五郎「さぶ」より
脚本・演出:田中林輔  美術:中嶋正留
これまで幾度となく映像化・舞台化されてきた山本周五郎の名作時代小説『さぶ』。
原作では江戸下町の経師屋に住み込みではたらく「さぶ」と「栄二」の成長物語ですが、
設定を、ふたりの娘「おさん」と「お...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/01 (土) ~ 2012/09/27 (木)
劇場 明治座
出演 坂本冬美、ほか
脚本
演出
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 13,500円
【発売日】2012/07/30
A席(1、2階席) 13,500円
B席(3階席) 6,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2012_09/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 一、おさんとおしの
原作:山本周五郎「さぶ」より
脚本・演出:田中林輔  美術:中嶋正留
これまで幾度となく映像化・舞台化されてきた山本周五郎の名作時代小説『さぶ』。
原作では江戸下町の経師屋に住み込みではたらく「さぶ」と「栄二」の成長物語ですが、
設定を、ふたりの娘「おさん」と「おしの」の物語に置き換え上演いたします。

<あらすじ>
おさんとおしのは小料理屋「すみよし」に勤める女中。不器用だが心根の優しいおさん(坂本冬美)は、
器量が良くしっかりもののおしの(藤あや子)を姉のように慕い、それぞれの悩みを抱えながらも助け合って日々を送っている。
ある日、「すみよし」の亭主の金袋が行方不明となり、それがおしのの荷物から発見される。おしのは疑いを掛けられ、
無実の罪で人足寄場に送られてしまう。人間不信に陥ったおしのは完全に心を閉ざすが、
その心を溶かしたのは、人足寄場の厳しい生活の中で出会った人々と、足しげく通うおさん、そして板前の清次であった。
やがておしのの無実が証明され、ついに真犯人が明かされる・・・
    

二、冬美とあや子の麗しのショータイム
 プライベートでも仲の良いふたりが、ヒット曲の数々を息もぴったりにお届けいたします。どうぞお見逃しなく!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/27 08:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/09/25 13:43 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大