Aux-Sables

THEATRE1010(東京都)

2012/11/27 (火) ~ 2012/11/28 (水) 公演終了

上演時間:

プッチーニがなぜ、日本人をヒロインにしたオペラを書こうとしたか、ご存知ですか?
明治中期、宣教師の夫と共に長崎へ赴任して来たコレル夫人が出会ったお蝶という名の少女の悲劇を、アメリカ帰国後彼女が弟のジョンに語り、それを彼が「マダム・バタフライ」という短編小説にしたことに端を発します。その後、小...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/27 (火) ~ 2012/11/28 (水)
劇場 THEATRE1010
出演 島田歌穂、剣幸、宮川浩、小野田龍之介、ほか
作曲 島健
脚本 忠の仁
演出 忠の仁
料金(1枚あたり) 5,400円 ~ 6,000円
【発売日】2012/09/01
全席指定 6,000円
THEATRE1010フレンズ会員 5,400円
サイト

http://www.aux-sables.com/chou2san/2012/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2012年11月27日(火) 19:00開演
2012年11月28日(水) 13:00開演
説明 プッチーニがなぜ、日本人をヒロインにしたオペラを書こうとしたか、ご存知ですか?
明治中期、宣教師の夫と共に長崎へ赴任して来たコレル夫人が出会ったお蝶という名の少女の悲劇を、アメリカ帰国後彼女が弟のジョンに語り、それを彼が「マダム・バタフライ」という短編小説にしたことに端を発します。その後、小説が大評判となり、ブロードウェイで劇化され、やがて海を渡ってロンドンで上映された演劇をプッチーニが目にし、話に感激した彼がオペラ制作を思い立ったという次第。
しかし、それは異国情緒に溢れ、東洋人への蔑視と偏見に彩られたものとなってしまいました。
ミュージカル「蝶々さん」は、コレル夫人の目を通し、悲劇の少女の真実の姿を現代に浮かび上がらせます。
その他注意事項
スタッフ コーラス:横関咲栄 可知寛子 守屋由貴 大津裕哉 横山達夫 滝浦光一

原   作:市川森一
音   楽:島 健
台本・作詞・演出:忠の仁

装   置:石井強司
衣   裳:宮本尚子
照   明:雑賀博文
音   響:大野美由紀
舞台監督:廣瀬次郎
歌唱指導:古賀義弥
稽古ピアノ:熊谷絵梨
制   作:佐藤雄二
宣   伝:藤野清一
主催・企画・制作:Aux Sables
共   催:足立区シアター1010指定管理者
協   力:キョードーファクトリー

[情報提供] 2012/08/24 17:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/10 11:07 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大