舞踊・バレエ

マドモアゼル・シネマ2012旅するダンス国内巡回公演

東京タンゴ秋

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

マドモアゼル・シネマ2012旅するダンス国内巡回公演

東京タンゴ秋

マドモアゼル・シネマ

シンフォニア岩国(山口県)

他劇場あり:

2012/10/02 (火) ~ 2012/10/02 (火) 公演終了

上演時間:

「村民は生まれてから死ぬまでいかなる時も
                ポワント(トウシューズ)を履くこと」
カエルの王様が「ポワント条例」を発令。王様の命令を受けた村長は村民に伝えます。
「美しい村、美しい村民、夢の村を作るにはポワントは最適です。」
生まれて初めて履くポワントに村...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/02 (火) ~ 2012/10/02 (火)
劇場 シンフォニア岩国
出演 尾本安代、松本大樹、相原美紀、竹之下たまみ、大島菜央、伊藤茉野、佐々木さやか、佐藤郁、外園彩織、藤田佐和子(pf)
演出 伊藤直子
振付 伊藤直子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】
大人2000円 学生1500円 親子ペア3000円 当日2500円
サイト

http://www.session-house.net/mc/j_01_news.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「村民は生まれてから死ぬまでいかなる時も
                ポワント(トウシューズ)を履くこと」
カエルの王様が「ポワント条例」を発令。王様の命令を受けた村長は村民に伝えます。
「美しい村、美しい村民、夢の村を作るにはポワントは最適です。」
生まれて初めて履くポワントに村民はおろおろ、わくわく、おおわらわ・・・
そして4年の時が過ぎ・・・「賛成か、反対か、」村民の心はゆれ続けます。

【ポワント】を中心に放たれる、バレエの持つ普遍性と、コンテンポラリーダンスの持つ独自性のリアルな対比。『東京タンゴ』は一つのことを強いられることから生じる理不尽さと滑稽さを踊る童話仕立てのダンスシアターです。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/23 14:09 by セッションハウス

[最終更新] 2012/10/09 12:24 by セッションハウス

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大