演劇

獣の仕業 第六回公演

The Act of Beast 6th Stage_Othello the Shakespeare

オセロ[Othello the Shakespeare]

0 お気に入りチラシにする

演劇

獣の仕業 第六回公演

オセロ[Othello the Shakespeare]

The Act of Beast 6th Stage_Othello the Shakespeare

獣の仕業

APOCシアター(東京都)

2012/09/29 (土) ~ 2012/09/30 (日) 公演終了

上演時間:

<あらすじ>ある国で敵国の征伐をしている総督のオセロは黒い肌を持ったムーア人である。
オセロは、白い肌をした美貌の妻鞆音と結婚するが、それを良く思っていない者がいた─「正直者の夜光」である。

彼は自分の軍の中での立場に不満を持っていた。
格下だと思っていたカシオが副官に出世し、自分が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

獣の仕業公演最新情報
http://kemono.xxxxxxxx.jp/

2012年9月29日(土), 30日(日)@千歳船橋APOCシアター
脚色・演出: 立夏, 原作: ウィリアム・シェイクスピア『オセロ』,翻訳: 坪内逍遙
出演: 田澤遵(オセロ),雑賀玲衣(鞆音/デズデモーナ), 森宏之:team8890(カシオ), 手塚優希(月華/エミリア). 小林龍二(流吾/ロダリーゴ), 倉垣吉宏:舞台芸術創造機関SAI(緑目玉) 凛子(夜光/イアーゴ),藤長由佳(夜光/イアーゴ)

シェイクスピア四大悲劇のひとつ「オセロ」に、エジプトの死者の書に記される「生前の罪否定告白」を組み合わせ、原作の物語全体を死者の回想と言う解釈のもとで、死者の国への接続を試みた。
俳優陣の熱量と舞踏的身体、さらにこの公演の配役の特徴として、オセロを追い詰める敵役夜光(原作名イアーゴ)を「二人一役」で対照的な女優が演じている。また、原作にないキャストとしてオセロの嫉妬を具現化した「緑目玉」が存在し、どちらもオセロと夜光の誠実さと嫉妬の感情を表裏一体に表現している。

公演詳細

期間 2012/09/29 (土) ~ 2012/09/30 (日)
劇場 APOCシアター
出演 田澤遵、雑賀玲衣、森宏之(team8890)、手塚優希、小林龍二、倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)、凛子、藤長由佳
脚本 脚色:立夏、原作:ウィリアム・シェイクスピア『オセロ』、翻訳:坪内逍遙
演出 立夏
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2012/08/11
前売り・当日ともに
サイト

http://kemono.xxxxxxxx.jp/6th/othello.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/29(土)13:00/16:30/20:00
9/30(日)13:00/16:30
※受付開始・開場は開演の30分前です。
説明 <あらすじ>ある国で敵国の征伐をしている総督のオセロは黒い肌を持ったムーア人である。
オセロは、白い肌をした美貌の妻鞆音と結婚するが、それを良く思っていない者がいた─「正直者の夜光」である。

彼は自分の軍の中での立場に不満を持っていた。
格下だと思っていたカシオが副官に出世し、自分が旗手止まりであること、そしてそれを決定したオセロを憎んでいるのだ。

彼はある計画を思いついた。それはオセロとカシオを両方陥れる、ある「嫉妬」の計画である。

自分の妻である月華、親友と呼ぶ流吾を口車に乗せ、夜光はオセロを嫉妬の罠に掛けていく。
ゆっくりと、しかし確実に、オセロは鞆音に対して、嫉妬の化け物を育てていく─
その化け物は次第にオセロの手を離れていき…


シェイクスピアの四大悲劇『オセロ』を、獣の仕業が演じます。
この物語は、愛か、それとも罰か・・・


出演:
田澤遵
雑賀玲衣/森宏之(team8890)/手塚優希
小林龍二/倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)
凛子/藤長由佳

日時:
2012年9月29日(土), 30日(日)
29日(土)13:00/16:30/20:00
30日(日)13:00/16:30
※受付開始・開場は開演の30分前です。


料金:
2,000円(前売・当日ともに)

チケット予約・お問い合わせ:
HP:http://kemono.xxxxxxxx.jp/
e-mail:swz@live.jp
tel:090-2750-9136(制作)

※お名前/ご観劇日時/枚数/お電話番号をご連絡下さい。
獣の仕業からの折返のご連絡をもって受付完了と致します。

※当日は余裕を持ってお越し下さい。
※開演5分前を過ぎますとお席の確保が出来ない場合があります。
 あらかじめご了承下さい。

-----------
演出ノート:

─ どうして人は死ななければならないのだろう? 死んだら人は何処に行くのだろう?

きっと・と私達が信じていれば、死んでも人は、何処にも行かない・此処に、
必ず居てくれていると改めて思う。
だって私は居なくなってしまった人の姿を見た事がある、
本当に数えるくらいだけれどそれはすぐ側に寄り添っていた。
あちらとこちらの境目はいつも、薄布程度で仕切られているだけだ。

『オセロ』はシェイクスピアの四大悲劇の中で最もシンプルだ。
その明瞭な力強さはそのままに、戯曲が持つ、人間の心臓を丸ごと取り出すような
ひやりとした気配を存分に引き出したい・そしてそれをもって、
日常にある薄布だけをそっと引き抜いて、
「死んだ後の世界」への接続をしたいと考えている。

その世界を立上げて『オセロ』の物語が、愛を受けるか・罰を受けるのかを
皆様と一緒に見てみたい。
勿論そこに唯一絶対の正解はない、私はそれを裁いたりはしない。
私はそれを祈るように作っていく。


今までもこれからもそうするように、
ただ「貴方」にもう一度出会えるよう・届くようにと祈るだけだ。


みなさまのご来場こころより・お待ちしております。

獣の仕業代表 立夏





その他注意事項
スタッフ 照明 : 寺田香織
音響 : 阿部健司(MUGEN☆PROJECT)
衣装 : 鈴木紗織

[情報提供] 2012/08/10 02:00 by 立夏

[最終更新] 2012/10/09 21:22 by ゆうき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

moge

moge(11)

出演しております。劇場にてお会いできるのを楽しみにして...

ゆうき

ゆうき(0)

役者・俳優

出演しております。獣版「オセロ」ご期待くださいませ!

立夏

立夏(8)

役者・俳優 脚本 演出 振付 宣伝美術 Webサイト

脚色・演出

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大