オペラ

ウィーン国立歌劇場

小学生のためのオペラ「魔笛」

公益財団法人日本舞台芸術振興会

神奈川芸術劇場・ホール(神奈川県)

2012/10/26 (金) ~ 2012/10/26 (金) 公演終了

上演時間:

ウィーン国立歌劇場で毎年2 月に行われる大舞踏会は世界的にも有名ですが、この催しのために客席を取りはらった平土間を使って、子どもたちにオペラを体験させようと、2003 年から前総裁イオアン・ホーレンダーと前音楽監督小澤征爾によって始められたのがこの子どものためのオペラです。パパゲーノ役の歌手が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/26 (金) ~ 2012/10/26 (金)
劇場 神奈川芸術劇場・ホール
出演 イル・ホン、カルロス・オスナ、アルビナ・シャギムラトヴァ、アレクサンドラ・ラインプレヒト、甲斐栄次郎、ヴァレンティーナ・ナフォルニータ、ヘルヴィック・ペコラーロMonostatos:HerwigPecoraro、ほか
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 9,000円
【発売日】2012/08/30
小学生 - 2,500円
1階椅子席(大人) - 9,000円 、 2階椅子席(大人) - 8,000円、 3階席(大人) -7,000円
サイト

http://wien2012.jp/magic_flute.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ウィーン国立歌劇場で毎年2 月に行われる大舞踏会は世界的にも有名ですが、この催しのために客席を取りはらった平土間を使って、子どもたちにオペラを体験させようと、2003 年から前総裁イオアン・ホーレンダーと前音楽監督小澤征爾によって始められたのがこの子どものためのオペラです。パパゲーノ役の歌手がナビゲーターとなって、オペラの物語や楽器を紹介していきます。およそ1時間とコンパクトにまとめられていますが、主要アリアは網羅されているうえ、演奏がウィーン・フィルのメンバーとなれば上演の質は世界の一級品にほかなりません
今回の日本公演では、ウィーン国立歌劇場でも活躍している甲斐栄次郎がパパゲーノ役を演じ、日本語で直接子どもたちに語りかけます。子どもたちが最も大きな反応を見せる「夜の女王のアリア」を歌うアルビナ・シャギムラトヴァはこの役でウィーン国立歌劇場にデビューした実力派。さらに、パパゲーナ役のヴァレンティーナ・ナフォルニータはマイヤー総裁のお墨付き。
その他注意事項
スタッフ ▽指揮
パウル・ヴァイゴルト
Conductor:Paul Weigold

▽演奏
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
Orchester:Orchester der Wiener Staatsoper

[情報提供] 2012/08/09 00:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/09 00:45 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大