舞踊・バレエ

十六夜吉田町スタジオ オープニング公演

涙目コーデュロイ

イデビアン・クルー

十六夜吉田町スタジオ(神奈川県)

2012/09/01 (土) ~ 2012/09/29 (土) 公演終了

上演時間:

「空気を読めてなかったかな……」
「このことは言わないでおこう……」
「それはわたしの役目ではないし……」

いつのまにか築かれてしまった人間関係。
名前のある「わたし」ではなく、役割を与えられた誰かであることから逃れらない大人。
言えずに溜まってゆく胸のうちに秘めた"アレ"や"コ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/01 (土) ~ 2012/09/29 (土)
劇場 十六夜吉田町スタジオ
出演 斉藤美音子、中村達哉、井手茂太
演出 井手茂太
振付 井手茂太
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 6,000円
【発売日】
(全席自由・日時指定・税込)
一般:3,500 円
ユース(25 歳以下):2,500 円
ペア(2 名):6,000 円
※受付・開場は開演の1時間前
※ユースチケットは公演当日に要証明書提示
サイト

http://izayoiyoshidamachistudio.com/ja/cycles/1/namidame-corduroy/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「空気を読めてなかったかな……」
「このことは言わないでおこう……」
「それはわたしの役目ではないし……」

いつのまにか築かれてしまった人間関係。
名前のある「わたし」ではなく、役割を与えられた誰かであることから逃れらない大人。
言えずに溜まってゆく胸のうちに秘めた"アレ"や"コレ"や"ソレ"が、見え隠れする。

そんな「肩書き社会」で奮闘する大人たちの物語を、踊りはもちろんのこと、しぐさや視線をつかって表現します。
それも、斜め45度からの視点で。

大勢のダンサーによる群舞が特徴的なイデビアン・クルーが挑む初のトリオ作品。

たった三人。
これは、いままでで最も繊細なイデビアン・クルー。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:小林裕二
音響プラン:島猛
音響操作:相川晶 齋藤学
照明:木下尚己
衣装:堂本教子
美術:青木拓也
宣伝デザイン:川村格夫
アートワーク:野坂茉莉絵

[情報提供] 2012/08/06 17:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/09/29 13:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大