博多座

博多座(福岡県)

2012/09/01 (土) ~ 2012/09/30 (日) 公演終了

上演時間:

『め組の辰五郎』

 江戸時代中期、八代将軍・吉宗の時世――。
「火事と喧嘩は江戸の華」と謳われている様に頻繁に起きていた「火事」は、江戸庶民にとって恐るべき災害であった。そんな火事に命を惜しまず、勇ましく立ち向かう「町火消」達に人々は信頼を寄せ、尊敬、憧れの気持ちを持っていた。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/01 (土) ~ 2012/09/30 (日)
劇場 博多座
出演 北島三郎、星由里子、松村雄基、ほか
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 14,000円
【発売日】2012/09/14

A席14,000円  
特B席10,000円  
B席7,000円  
C席4,000円
サイト

http://www.hakataza.co.jp/kouen/index_h2409.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『め組の辰五郎』

 江戸時代中期、八代将軍・吉宗の時世――。
「火事と喧嘩は江戸の華」と謳われている様に頻繁に起きていた「火事」は、江戸庶民にとって恐るべき災害であった。そんな火事に命を惜しまず、勇ましく立ち向かう「町火消」達に人々は信頼を寄せ、尊敬、憧れの気持ちを持っていた。

  ある日、武家屋敷から火の手が上がる。折からの強風に煽られた炎は、町全体に拡がらんとしていた。その時、辰五郎(北島三郎)が率いる町火消「め組」の必死の活躍により、火はなんとか消し止められたが、武家屋敷を持ち場としている「定火消」との間で、大喧嘩になってしまう。その後の裁きにより辰五郎は、二年間の江戸所払いを言いわたされ、女房のおさい(星 由里子)にあとを託し旅に出る。辰五郎が離れている間に、最も信頼していた源三(松村雄基)が、対立関係にある「本組」の纏持ちになってしまう。はたして、その背景に隠されたものとは…。

  今回北島三郎が演じるのは、炎と悪に敢然と立ち向かう男の中の男。北島はこの辰五郎を当たり役としています。そのほかの出演は、これまでに四度北島の女房役をつとめてきた星由里子、そして北島公演初登場となる松村雄基、博多座初登場の大江裕と、フレッシュな面々も加わり、北島人情芝居の醍醐味をたっぷりとご堪能いただきます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/06 06:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/06 06:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大