演劇

『荒馬の旅』企画第二弾

『躍る野郎たち』と『歌う女たち』身体と声のからみあい

死ぬほどに愛して

デザイン:原田リュージ

0 お気に入りチラシにする

演劇

『荒馬の旅』企画第二弾

死ぬほどに愛して

『躍る野郎たち』と『歌う女たち』身体と声のからみあい

荒馬の旅

プロト・シアター(東京都)

他劇場あり:

2012/07/28 (土) ~ 2012/08/12 (日) 公演終了

上演時間:

いま、生きているのか死んでいるのか?今は今日なのか明日なのか?それとも昨日だったのか?そんな事どうでもいいわ、ただ、ここに漂う肉と声に、私は焦がれ、墜ちていく、あ〜、そのルックス笑えるわ、調子っ外れな声酔えるわ、おばかなハートはもうスッポンポン。イカレタ男3人ダンサーとイカシタ女3人シンガーが...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/28 (土) ~ 2012/08/12 (日)
劇場 プロト・シアター
出演 小山亜紀、柚木かほる、宮地成子、木室陽一、武田幹也、田村義明
脚本
演出 大橋宏
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】
東京公演 前売り3000円、当日3500円
7月27日(金) 19:00〜
7月28日(土) 19:00〜
7月29日(日) 15:00〜
開演20分前に開場
サイト

http://sinuhodoniaishite2.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 いま、生きているのか死んでいるのか?今は今日なのか明日なのか?それとも昨日だったのか?そんな事どうでもいいわ、ただ、ここに漂う肉と声に、私は焦がれ、墜ちていく、あ〜、そのルックス笑えるわ、調子っ外れな声酔えるわ、おばかなハートはもうスッポンポン。イカレタ男3人ダンサーとイカシタ女3人シンガーが微かに、激しく、体と唇を震わせながら男と女の束の間を彷徨いはじめる。


演劇批評家・翻訳家の佐藤康さんのコメント
『死ぬほどに愛して』に寄せて
踊りたくなる「愛」はあっても、「愛」を踊ることは難しい。いや、そんなことは不可能かもしれない。しかしそんな荒業をやってのけようとする野心、それが『死ぬほどに愛して』というパフォーマンスの別の名にほかならない。愛は夢であり歓喜であり、また疼痛であり暴力である。ときに惨めでもあり滑稽でもある。愛という得体の知れないキマイラが身体に課するあらゆる運動と形象が絵巻物のように目の前に繰り広げられるのを見るとき、我々はいつの間にか、愛を担う「命」の放つ稀有な輝きに触れた感動を覚えることだろう。
その他注意事項
スタッフ 【構成・演出】大橋宏【音楽・演奏】小仁田茂幸【照明】宇野敦子【音響】水木邦人【音響協力】naoki okada【舞台監督】武田幹也【舞台監督補佐】ニシノトシヒロ【アートワーク】shigelinburg【スチール】神崎千尋【デザイン】原田リュージ【協力】劇団黒テント【企画・制作】田村義明

[情報提供] 2012/07/28 11:21 by みやじなりこ

[最終更新] 2013/11/09 16:41 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大